頭がハゲになる予兆はこれ!予防方法のおすすめも紹介

「ハゲ」は多くの男性を悩ませる問題です。

つむじハゲなどのように、頭がハゲてしまうと非常に目立つため、何とかして予防に努めたいですよね。

そこで気になるのが頭がハゲる予兆です。

どういったものがハゲの予兆になるか知っておけば、素早く対策を講じることが出来ますからね。

そこで今回の記事では、

  • 頭がハゲになる予兆はこれ!
  • ハゲを予防するおすすめの方法はこれ!

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

頭がハゲになる予兆はこれ!

1・抜け毛の量
枕元に毎日50本以上の抜け毛がある場合は、頭がハゲる予兆です。

髪の毛が根本から抜けているものばかりだと特に危険です。

髪の毛が根本から多く抜けるということは、毛根が弱っている可能性があるからですね。

健康な人の髪の毛が抜ける場合は「髪の毛が途中から切れてる」だけで、根本から抜けるということは多くありません。

そのため、朝起きた時の抜け毛の状態でハゲの予兆の有無を確認することが出来ます。

また、抜け毛の確認は寝起きに以外では、お風呂で頭を洗った時などでも確認することが出来るでしょう。


2・髪の毛の太さ
髪の毛の抜ける量が変わらない状態で、頭皮が透けてきているということがあります。

これは髪の毛そのものが細くなっているのです。

髪の毛が細くなってしまうと、髪の毛の密度が激減して頭がハゲている様に見えるようになってしまいます。

これは、髪の毛が上手く発毛・発育出来ていない状態が続いていること意味しており、そのまま放置すると発毛機能がさらに低下してしまいます。

最悪の場合、髪を育てる毛母細胞が機能しなくなり、その結果頭がハゲてしまうわけですね。


3・頭皮
毛根がある頭皮の状態が悪いと、髪の毛の発毛・発育に悪影響をもたらしてしまいます。

頭皮の状態を確認する場合は、以下のポイントを抑えておきましょう。

1・頭皮が硬い……頭皮が突っ張って血行状態が悪い。健康な頭皮であれば触った時に柔らかく、軽く動く
2・頭皮環境の悪化……フケが大量発生するなどして頭皮に炎症が起こったり、細菌が繁殖しやすくなる
3・頭皮が病気になる……脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)や接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)などの病気の発生

以上のような状態が挙げられます。

頭皮の状態が悪いと頭がハゲることへ直結する危険があるので注意してください。


4・食生活
外食や脂質が多い食事、外食が続いていると頭がハゲる可能性があります。

これは栄養の偏りが原因です。

例えば、脂質や糖質が多い食事ばかりだと、頭皮に皮脂が大量に分泌されることになります。

大量に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせることがあり、髪の毛の発毛や生育を妨げることに繋がるわけですね。

逆に、過度のダイエットなどにより、髪の毛の主成分でもある「タンパク質」や、髪の毛の生成に必要な「鉄分」・「亜鉛」・「ビタミン」・「ミネラル」の欠乏も薄毛の原因になります。


5・髪量の減少
前髪の生え際やつむじ周りの髪量が減少もハゲの予兆になります。

鏡などを見て「髪の毛の量が減っている」と感じる場合、この2つからハゲが進行する人が多いです。

そのため、頭がハゲる予兆としてはかなり危険な部類になります。

ハゲを予防するおすすめの方法はこれ!

1・生活習慣を改善する
暴飲暴食や偏った食生活、不規則な睡眠時間などは髪の毛に対して悪影響を与えます。

スポンサーリンク

そのため、ハゲを予防するためには、生活習慣を改善して髪の毛へのダメージを減らし、髪の毛が育ちやすい状態を維持することが重要になります。

前章にもあるように、栄養が偏った食事を改め、髪の毛の主成分でもある「タンパク質」や、髪の毛の生成に必要な「鉄分」・「亜鉛」・「ビタミン」・「ミネラル」を意識して摂取するようにしましょう。

また、髪を作る成長ホルモンは深夜の寝ている間に分泌されると言われており、睡眠時間が不規則・不足していると髪の毛が上手く育ってくれません。

髪の毛の健康のためには、十分かつ安定した睡眠時間を確保するようにしましょう。


2・正しいシャンプーでハゲを予防する
シャンプーの正しいやり方を習慣化すると頭がハゲることを予防が出来ます。

皮脂やフケなどを頭皮から排除するためにシャンプーは必要なのですが、過剰な洗浄力をもつシャンプーを使ったり、爪を使ってガリガリと頭皮を傷つけるやり方は逆効果になってしまいます。

正しいシャンプーのやり方としては、

1・ブラッシングで頭皮や髪についているゴミや抜け毛を浮かせる
2・予洗いを行う
3・シャンプーを泡立てる
4・指の腹で髪の毛よりも頭皮を意識して洗う
5・シャンプーをそそいで、すべて落とす

以上です。

頭皮を傷つけずにしっかり洗うことがポイントですね。

また、シャンプーが髪の生え際などに残ってしまうと、頭皮のかぶれなどの原因となります。

十分な時間を使って、しっかりとシャンプーを洗い流すようにしてください。


3・育毛剤を使う
育毛剤には、頭皮の血行を良くする成分や脱毛物質ジヒドロテストステロン(DHT)を抑える成分、髪の毛の栄養となる成分などが含まれています。

そのため、上記の方法と組み合わせて髪の毛が育つ環境を助けることが出来ます。

ただ、育毛剤には多くの種類があり、発毛効果がある製品や殺菌成分が含まれる製品など様々です。

自分の頭皮などに合わせた育毛剤を使うことが大切なので、製品に記載されている成分配合表をチェックするようにしてください。

例えば、「敏感肌」や「乾燥肌」の方は、育毛剤に添加物のアルコールがあると肌荒れが起こることがあります。

製品に「無水エタノール」・「フェノキシエタノール」などの表記がある場合は使用を避けた方が良いでしょう。

ハゲに関するその他の情報

ハゲの改善に効果がある食べ物のおすすめはこれ!

若ハゲへの対策方法でおすすめのやり方はこれ!

帽子のかぶりすぎで頭がハゲる可能性がある!?

ハゲの原因は運動不足の可能性がある!?

若ハゲの原因で男性の場合はこれ!ハゲるポイントをくわしく紹介

ハゲが中学生女子に発生する原因はこれ!対策方法も紹介

ハゲの原因となる食事内容はこれ!具体的な食べ物を紹介

頭がハゲになる予兆はこれ!予防方法のおすすめも紹介

頭がハゲる原因はこれ!防止や予防方法もくわしく紹介

まとめ

頭がハゲるなんて本当に最悪ですよね。

ハゲる予兆を見逃さずに、しっかりとした予防方法を実践したいものです。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加