しもやけに効く薬のおすすめはこれ!原因についても紹介

「しもやけ」になると手足や足先のかゆみ・痛みが不快ですよね。

そんなしもやけの症状を緩和するために、患部へ薬の使用を検討する方は多いかと思います。

しかし、どのような薬がしもやけに効果的なのかがよくわからず、悩む方は多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、しもやけに効く薬のおすすめについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

しもやけの原因とはそもそも何なのか?

「しもやけ」の原因とは、寒さによって発生する血行不良です。

どういうことかと言うと、冬の寒さによって手足の指先などが冷えると、その部分の血管が収縮して血流が悪化します。

元々、身体の末端部分である手足の指先などは血管が細いため、特にその影響が現れやすいと言えます。

例えば、雨や雪などで靴下が濡れると、気化冷却などにより、足の指先やかかとがとても冷えることになります。

その結果、寒さによる血行不良が発生することに繋がるわけですね。

そして、手足の指先などの血行不良が発生することで、その部分に腫れやかゆみ・痛みなどの症状が現れます。

これが「しもやけ」になるわけです。

そのため、しもやけの患部にかゆみ止めを塗っても一時的な効果しか期待出来ません。

血行不良という根本的な原因を解決出来ていないからですね。

これらのことから、しもやけに効果がある薬とは、血行不良を改善する薬である必要があります。

しもやけに効く薬のおすすめはこれ!

1・ビタミン剤
ビタミンEには、毛細血管を広げて血流を良くする働きがあります。

そのため、ビタミンEを含むビタミン剤を飲むことでしもやけの症状を緩和することが出来ます。

もちろん、ビタミン剤以外でも、日常的に食べる食材からビタミンEを摂取することが可能です。

しもやけの症状に悩んでいる場合は、ビタミンEが多く含まれる食材を使って料理を作ると良いでしょう。

また、その際はビタミンEとビタミンCを同時に摂取することが望ましいです。

というのも、ビタミンEはとても酸化しやすい物質なので、活性酸素と結びついて酸化してしまった後は無力化してしまいます。

しかし、ビタミンCがあれば、また元気に働くことが出来るようになります。

ビタミンCには皮膚を健康な状態に維持する効力もあるため、こちらもしもやけ改善に効果が期待出来ます。

ビタミンEを多く含む食べ物……胚芽米(はいがまい)、麦の胚芽、ナッツ類、植物油、魚介類、西洋かぼちゃ、アボカドなど

ビタミンCを多く含む食べ物……ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、キウイフルーツ、イチゴ、ネーブル、レモン果汁など



2・ステロイド外用剤
しもやけによって皮膚の腫れなどの症状がすでに発生している場合、ステロイド外用剤がおすすめです。

スポンサーリンク

ステロイド外用剤は、しもやけのような皮膚炎などの肌トラブルに対して、すぐれた抗炎症作用を発揮してくれるからですね。

また、しもやけの症状が重篤化すると、皮膚に水疱ができたり、びらん(ただれ)が生じてしまうことがあります。

こうなると、細菌などに感染する可能性があるため、病院を受診して抗生物質が含まれるステロイド外用剤などを処方してもらうようにしてください。

【指定医薬部外品】ユースキンA 120g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

【第3類医薬品】プロペトピュアベール 100g

ロコベースリペアクリーム 30g×3本セット

しもやけに関するその他の情報

しもやけが足に出来る原因はこれ!治す方法も紹介

犬がしもやけになった時の症状はこれ!治療方法も紹介

しもやけに効く薬のおすすめはこれ!原因についても紹介

しもやけ改善に効果がある食べ物はこれ!

猫がしもやけになる原因はこれ!対処方法も紹介

しもやけの原因は運動不足!?その他の原因も紹介

しもやけで足がかゆい・痛い原因はこれ!対処方法も紹介

しもやけの予防と対策方法はこのやり方がおすすめ!

しもやけの痛みの原因はこれ!痛みを緩和する対策方法も紹介

しもやけが子供に起きる原因はこれ!予防方法も紹介

まとめ

しもやけになり手足の指先が痛痒くなると本当に辛いですよね。

そのような状態を改善するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加