口臭の原因は歯石!?除去方法についても紹介 | ごろん小路。

口臭の原因は歯石!?除去方法についても紹介

「口臭の原因が歯石である」という話を聞くことがあります。

毎日歯磨きをしているのにいつの間にか付いている歯石ですが、口臭の原因となるというのはよくわかりませんよね。

また、もし歯石が口臭の原因となるのなら、除去方法を知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 口臭の原因は歯石!?
  • 歯石ができる原因とは?
  • 歯石の除去方法とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

口臭の原因は歯石!?

結論から言えば、歯石が口臭の原因となることはあります。

そもそも歯石とは、歯の表面にできた細菌の塊(プラーク=歯垢)が唾液中のミネラル分とくっついて、石のように硬くなった(石灰化)ものを指します。

歯石が「細菌の化石」と呼ばれることがあるのはこのためですね。

そして、歯石の表面はザラザラになっているため、口内の細菌や細菌の老廃物(歯垢)がくっつきやすくなっています。

付着した歯垢は発酵してガスを発生させるため、このガスが卵や玉ねぎの腐ったような不快な臭いとなるわけですね。

また、歯と歯ぐきの溝に歯石が溜まるなどして歯周病が悪化してしまうと、歯槽膿漏になることがあります。

歯茎からでた膿は強烈な悪臭を放つため、これが口臭の原因となる可能性があります。

もちろん、歯や歯茎の状態が悪くなると出血も伴うようになるため、この血の生臭い臭いが口臭の原因になることもありますね。

歯石ができる原因とは?

前章にもあるように、歯石とは、歯の表面にできた細菌の塊(プラーク=歯垢)が唾液中のミネラル分とくっついて、石のように硬くなった(石灰化)ものを指します。

そのため、歯磨きなどで歯垢を綺麗に取り除けていないと、その部分に歯石が発生してしまうわけですね。

また、その性質上、歯石が付着しやすい箇所が存在します。

例えば、下あごの前歯の裏側や上あご奥歯の表側などのように、唾液腺の開口部の近くや歯ブラシが届きにくい箇所が該当します。

あるいは、歯磨きのやり方が不適切な場合、歯垢を歯磨きで十分に取り除けていないという可能性もあります。

さらに、歯石自体は歯垢のように酸や毒素を出すということはありませんが、歯石の表面は荒れているため、新たに細菌が付着・増殖しやすい状態となってしまいます。

その結果、その菌が歯周病や口臭などの原因となる可能性が高くなるので注意をしておきましょう。

歯石の除去方法とは?

歯石除去は歯医者を受診して、そこで取り除いてもらうことが基本となります。

歯石は非常に固いため、歯ブラシなどでは取り除くことができないからです。

スポンサーリンク

ちなみに、通販などでは歯石を取るための道具(スケーラー)が販売されていますが、これらを使って歯石を取り除こうとすると、作業に不慣れである場合は歯を傷つけてしまう危険があるので注意をしてください。

また、歯石をしっかりと取り除くことができないと、すぐに歯石が発生してしまうため、自力で歯石を取り除くことはリスクが高いと言えます。

そのため、歯石を取り除きたい場合は、歯医者を受診して対処してもらうことが安全です。

NONIO(ノニオ) [医薬部外品] マウスウォッシュ クリアハーブミント 洗口液 セット 600ml +ミニリンス80ml

クリアクリーン デンタルリンス ホワイトニング アップルミント 薬用液体ハミガキ 600ml [医薬部外品]

口臭に関するその他の情報

口臭の原因は肥満!?口臭対策でおすすめの方法とは?

マスクをしていると口臭が臭いのはなぜ?口臭を消す方法とは?

口臭チェックを自分で行う方法とは?対策方法も紹介

口臭対策に効果のある食べ物とは?悪化させる食べ物は?

口臭はコーヒーが原因!?臭いを消す方法とは?

口臭の原因が便秘!?対処方法とは?

口臭の原因は歯石!?除去方法についても紹介

歯石は口臭の原因になる?除去すれば改善するのか?

まとめ

口臭の原因が歯石である可能性は十分にあります。

口臭改善や歯の健康をまもるためにも、早期の対処が望ましいです。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク