紫外線対策に適したサングラスの選び方とは?注意すべき点を紹介

紫外線対策にサングラスは効果が高い品として知られています。

邪魔だと感じたらサッと納められることも良い点ですよね。

しかし、紫外線対策に適したサングラスとはどういったものなのか、わからない方が多いのではないでしょうか?

サングラスそのものは様々なお店で販売されているので、「どれを選んでも同じなのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

実は、紫外線対策に適したサングラスの選び方というものがあるんです!

これを知っているのと知らないのとではまるで違う結果になるので、しっかりと把握しておきましょう。

そこで今回の記事では、紫外線対策に適したサングラスの選び方についてくわしくお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

紫外線対策に適したサングラスの選び方とは?

それでは早速、紫外線対策に適したサングラスの選び方の要点をご紹介させていただきます。

UVカットの表示があるサングラスを選ぶ

サングラスを使用する目的は紫外線対策なので、その紫外線をカットする機能があるものを選ぶようにしましょう。

どうすれば紫外線をカットする機能の有無がわかるかと言うと、製品の表示に、

「紫外線カット率」
「紫外線透過率」
「UV400」
「UVカット」
「UVケア」

これらの表示があるサングラスが紫外線対策に有効な製品になります。

その中でも「UV400」か、「紫外線カット率」・「紫外線透過率」の数値が優秀なサングラスがおすすめです。

「UV400」は、人体に悪影響を及ぼすとされている紫外線をもっとも広範囲でカバーできるサングラスになります。

「紫外線カット率」は、その%表示にある分だけ紫外線をカットしてくれますし、「紫外線透過率」はその数字分の紫外線しか透過することを許しません。

残念ながら、「UVカット」と「UVケア」は「UV400」よりも紫外線をカバーできる範囲が狭いため、あまりおすすめは出来ません。

そのため、基本的には「UV400」の表示があるサングラスを、あるいは「紫外線カット率」・「紫外線透過率」の数値が優れたサングラスを購入すると良いでしょう。

サイズが大きいサングラスを選ぶ

サングラスのレンズが小さいと、紫外線は隙間から目に入ってしまいます。

太陽の光は正面以外、上下左右のあらゆる角度から入ってくるわけですからね。

そのため、効率的に紫外線をカットするためには、レンズ・フレームが大きいサングラスを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

また、サングラスによっては側面にサイドフレームなどがついているものもありますので、「紫外線を可能な限りカットしたい!」という方におすすめです。

サングラスのレンズの色を考える

サングラスのレンズの色もよく考えて選ぶ必要があります。

というのも、レンズの色によってサングラスを使用するのに適した状況が変わるからです。

以下にレンズの色ごとの特徴をまとめてみました。

1・グレー……おおよそどんな状況でも使用できる色になります。眩しさを和らげる機能にも優れており、景色を自然な色で見ることが出来ます。
2・ブルー……黄色・赤色の光に対しての遮光機能があります。車のライトや電灯などに対して効果的です。
3・ブラウン……青色の光に対しての遮光機能があります。遠方の物体をはっきりと見ることが出来るのも特徴です。
4・グリーン……赤色・青色のに対しての遮光機能があります。景色を自然な色で見ることが出来、リラックス効果も期待できます。
5・イエロー……青色の光に対しての遮光機能があります。暗い場所や曇りの日など、視界が悪い状況下での使用に適しています。

以上になります。

それぞれの状況に適したレンズを選ぶようにしましょう。

ちなみに、レンズの色の使い分けが難しいor面倒くさいという方は、オールラウンダー型の「グレー」か「グリーン」のサングラスを使用すると良いでしょう。

サングラスのレンズの色の濃さに注意する

サングラスのレンズの色の濃さは、薄いものを選ぶようにしましょう。

サングラスの色が濃いと視界が暗くなりやすくなるため、目の瞳孔が開き光を多く取り込もうとします。

結果的に多くの紫外線を目に取り込んでしまうので、本末転倒になってしまうわけですね。

極端な事を言いますが、レンズの色は透明でも構いません。

上記にある「UVケア」などの表示があり、紫外線対策に有効であるかどうかが問題であり、レンズの色の濃さは二の次なわけです。

きちんとした眼鏡屋さんで買う

上記のように、サングラスを選ぶにあたっては様々な条件・注意点があります。

そのため、きちんと自分にあったサングラスを選ぼうとするなら、専門家である眼鏡屋さんで買うようにしましょう。

紫外線対策の面はもちろん、ファッション性も考えてくれるでしょうから、自分だけで悩むよりもはるかに良い結果が出ると思います。

あるいは、サングラスを使用する・購入するにあたり、気になっていることをどんどん質問しても良いでしょう。

まとめ

紫外線は白内障などの病気のリスクを高めると言われています。

自分の環境・条件に適したサングラスを使用して、これらの病気から身を守るようにしましょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加