紫外線対策の服装で効果があるものとは?具体的にくわしく紹介

山や海など様々なレジャーを楽しみたい場合、気になるのは紫外線ですよね。

紫外線対策を怠ると、肌にシミができたりして大変な思いをすることもあります。

せっかくのレジャーなのですから、そんな不安とは無縁でいたいですよね。

しかし、紫外線対策に有効な服装についてはよくわからないと思います。

レジャーに出かける前に、紫外線対策へのしっかりとした知識が欲しいところです。

そこで今回の記事では、紫外線対策の服装で効果があるものについてお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

紫外線対策の服装で効果があるものとは?

UVカット加工が施された服装

紫外線対策で思いつくのは日焼け止めクリームという方は多いのではないでしょうか?

しかし、日焼け止めクリームは自分に合った品を使わないと、「肌が乾燥する」「痒くなる」などの困ったことが起きることがあります。

そこで「服装で何とかなるのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、長袖を着るなどをした程度では紫外線を素通りさせてしまいます。

紫外線対策を服装で行いたい場合、必要になるのはUVカット加工が施された服装です。

UVカット加工が施された服装というのは、紫外線をカットするための加工が施された生地を使用した衣類のこと指します。

あるいは、服装の表面に紫外線をカットする素材を付着させるものもあります。

最近では、UVカット加工が施された様々な服装が販売されており、機能性はもちろんファッション性も両立できるのが嬉しいですね。


ただ注意すべきこととして、服装の表面に紫外線をカットする素材を付着させるものの場合、洗濯をすることによって徐々にUVカット加工が低下していくことがあります。

UVカット加工が施された衣類を購入する際は、どういった形でUVカット加工が施されているのかをチェックしておくと良いでしょう。

紫外線対策に着る服装の色を考える

紫外線対策を服装で行う場合、服装の色についても考える必要があります。

スポンサーリンク

というのも、色によって紫外線をどれだけ通さないかが変わってくるからですね。

紫外線対策に有効な色とはズバリ、黒い色になります。

黒は約99%紫外線を通さないというデータがあるように、ほぼ完全に紫外線をカットできます。


ただ、黒は熱を吸収して熱くなりやすいので、熱中症などが心配になります。

「とにかく黒が一番」ではなく、上記のUVカット加工などと一緒に考えて、自分に一番あった服装を探すようにすると良いでしょう。

例えば、UVカット加工が施されたパーカーなど、着脱が簡単な服装にしておくだとかですね。

服装に使われている生地について

紫外線対策の服装では、生地の縫い目が細かく厚いものの方が紫外線へ効果があります。

縫い目が荒く、生地が薄いものは紫外線を素通ししてしまうわけですね。

とは言え、あまりにも厚いものだと熱中症などの危険があるため、健康面にも配慮した服装を選ぶようにしましょう。

これも、服装の組み合わせやUVカット加工などと一緒に考えると選択の幅が広がります。

紫外線対策で服装以外の方法は何があるのか?

前章でお伝えした紫外線対策に有効な服装以外にも、肌や髪の毛を守る方法はあります。

日焼け止めクリームや帽子などはその代表例ですよね。

しかし、これらもどんなものが紫外線対策に有効なのかを知っておかないと効果が薄くなることがあります。

そのため、こういったものを利用する予定である場合は、事前にしっかりとした知識を得ておくと良いでしょう。

紫外線対策で服装以外に有効な情報を以下の記事でまとめています。

紫外線対策に効果のある食べ物や注意すべき点についてくわしく紹介

紫外線対策に適したサングラスの選び方とは?注意すべき点を紹介

紫外線対策のために目薬は効果があるのかやおすすめの品について紹介

子どもの目のために紫外線対策は必要なのかやサングラスについて紹介

まとめ

肌にシミなどが出来ないようにするために、紫外線への対策は必須になります。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加