子どもの目のために紫外線対策は必要なのかやサングラスについて紹介

気温が上がってくるにつれて紫外線も増えてきます。

過度に紫外線を浴びることは健康を害してしまうことはテレビなどで報じられていますよね。

特に、目に入ってくる紫外線対策はしっかりとしておきたいところです。

しかし、大人への紫外線対策の話はよく聞きますが、子どもへの紫外線対策はどうすべきか悩む方は多いのではないでしょうか?

「自分が子どもの頃、紫外線対策なんてしたかな……?」といった具合ですね。

子どもは通学などで外に出る機会が多くなるので、紫外線対策をすべきかどうかはっきりとさせておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 子どもの目のために紫外線対策は必要なのか?
  • 紫外線対策のために子どもにはサングラス?

これらのことをお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

子どもの目のために紫外線対策は必要なのか?

子どもの目のために紫外線対策は必要なのかですが、これはズバリ必要です。

何故かと言うと、成長過程にある子どもの目の水晶体が透明で大人よりも紫外線の影響を受け易いからです。

また、通学や遊びに出かけたりする時間帯が多いことから、実は大人よりも子どもの方が紫外線を多く受けていることも珍しくありません。

「人生の中で紫外線の大半は18歳までに浴びる」という調査結果をWHOも出していることから、子どもへの紫外線対策が非常に重要であることがわかりますね。

子どもの頃に紫外線対策を疎かにした場合の具体的な問題としては、大人になってからの眼病のリスクが高くなってしまうことなどが挙げられます。

角膜炎や白内障などが該当します。

「白内障は大人の病気じゃないの?」と疑問に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、強い紫外線を浴び続けることで子どもでも発病してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

目の異常は本当に怖いですから、しっかりとした紫外線対策をしてお子さんを守ってあげて下さい。

次章では、具体的な紫外線対策の方法をご紹介させていただきます。

紫外線対策のために子どもにはサングラス?

通学で長い時間歩くことになる場合や、屋外でスポーツをよくするお子さんにはサングラスを着用させるようにすると良いでしょう。

例えばスキーをした後に起こる、いわゆる「雪目」も紫外線によって引き起こされているので、目を守るのがいかに大切かわかりますよね。

「子どもにサングラス?」と違和感や疑問を覚える方は多いかと思いますが、実は屋外で活動する子どもに対してサングラスの着用を推奨している会社や団体組織は一定数以上存在しています。

ですので、お子さんの目を守るためにサングラスを着用させるのはまったく自然なことなのです。

そして注意していただきたいこととして、お子さんにサングラスを着用させる場合は、UV加工されたサングラスを着用させるようにする点です。

UV加工(UVカット)とは、紫外線遮蔽加工のことで、紫外線吸収剤を繊維などに付与された製品に表示されています。

眼鏡屋さんなどで紫外線対策のためのサングラスを購入する場合は問題ないでしょうが、それ以外のお店などで販売されているサングラスにはこのUV加工がされていない場合があります。

当然、紫外線対策の効果はUV加工されたサングラスの方が上ですので、購入する際は忘れずにチェックするようにしましょう。


また、サングラスを購入する際は、サングラスのレンズ・フレームの形状や色なども考える必要があります。

自分ではよくわからないという方は、眼鏡屋さんの店員の方にしっかりと相談するようにしましょう。

ちなみに、サングラスを選ぶ際の注意点などの情報をまとめた記事はこちらになります。

よろしければ参考にして下さい。
紫外線対策に適したサングラスの選び方とは?注意すべき点を紹介

まとめ

外に出る機会の多いお子さんの場合、しっかりとした紫外線対策が必要になります。

目を守ることはとても重要な事なので、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加