紫外線対策に効果のある食べ物や注意すべき点についてくわしく紹介

気温が暖かくなってくると紫外線についての対策が必要になりますよね。

サングラスや目薬、日傘などの道具は準備されている方が多いかと思います。

そういった紫外線対策に効果のあるものの中に、食べ物があることをご存知でしょうか?

紫外線対策に効果のある食べ物を摂取すると、肌が日焼けしてしまった際に素早く元の状態に戻る力を身体に与えることが出来ます。

毎日の食事に取り入れれば、効果的に紫外線から身体を守ることが出来るようになるわけですね。

そこで今回の記事では、

  • 紫外線対策に効果のある食べ物とは?
  • 紫外線対策の食べ物で注意すべき点とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

紫外線対策に効果のある食べ物とは?

紫外線対策に効果のある食べ物とはつまるところ、日焼けに効果的な栄養素を持っているものを指します。

この章では、栄養素別に紫外線対策に効果がある食べ物をご紹介させていただきます。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成に関わりのあるビタミンです。

肌のシミやシワ、ソバカスを防ぎ目立たなくする働きがあります。

ビタミンCと言えば酸っぱいもの、というイメージですが、他にも様々な食物に含まれているので、摂取しやすいのも特徴だと言えます。

ビタミンCが含まれている食べ物
レモン、オレンジ、苺、アセロラ、パプリカ、トマト、ブロッコリー、キウイなど。

ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用と血行促進作用を持つビタミンです。

活性酸素から身体を守り、新陳代謝を促進する効果があります。

また、ビタミンCと同じように肌のシミを抑える効果が期待できますし、血行促進作用により、冷え性や肩こりなどの症状の改善にも役立ちますね。

ビタミンEが含まれている食べ物
ナッツ類(アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみなど)、アボカド、キウイなど

ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質やタンパク質を代謝してエネルギーに変えて、肌を綺麗にする作用があるビタミンです。

肌以外にも、目や爪、呼吸系・消化系・循環系などの粘膜を正常に保つ力があります。

そのため、紫外線による肌の日焼けなどに効果が期待できるというわけですね。

ビタミンB2が含まれている食べ物
緑黄色野菜、納豆、レバー、チーズ、鯖など

スポンサーリンク

β―カロテン

β―カロテンは身体の中でビタミンAに変換され、新陳代謝を促し、肌の紫外線によるダメージを軽減する他、細胞の酸化・老化を防ぐ働きがあります。

また、メラニン色素の生成を抑制し、シミやソバカスになることを防いでくれもします。

体内でβ―カロテンからビタミンAに変換される際は、必要分だけが変換されるため過剰症の心配がないのも良い点ですね。

β―カロテンが含まれている食べ物
緑黄色野菜全般

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、紫外線による肌荒れなどに効果がある他、血行促進作用や循環器系の病気の予防に役立ちます。

主に青魚から摂取することが出来、我々日本人に合った和食に組み込みやすいのが素晴らしいですね。

1週間に2回ほどで十分な量を摂取できます。

オメガ3脂肪酸が含まれている食べ物
マグロ、鯖、秋刀魚、ブリ、イワシなど

亜鉛

亜鉛は細胞分裂を促し、皮膚を健康に保つ作用があります。

紫外線による日焼けなどで肌が荒れてしまった場合、肌の荒れが素早く治るようになるわけですね。

また、亜鉛はホルモンを合成するためにも必要で、生殖や血圧の調整、血糖の調整などにも必要になります。

亜鉛が含まれている食べ物
牡蠣、ニシン、鶏肉、豚肉、レバー、卵、チーズなど

紫外線対策の食べ物で注意すべき点とは?

食べ物の中には「日焼けを悪化させる食べ物」が存在します。

その食べ物のみを見れば、日焼けなどの紫外線対策に役立つのですが、食べる時間帯によっては逆効果になってしまうことがあるんです。

これは「ソラレン」と呼ばれる成分が影響しています。

ソラレンは「光毒性物質」とも呼ばれ、ソラレンを摂取すると身体の紫外線に対する感受性を高める効果が働きます。

そのため、外出する前にソラレンが含まれる食べ物を食べると、紫外線によるダメージが増えてしまう結果になることあるわけですね。

ソラレンを多く含む食べ物には以下のようなものがあります。

外出する前はこれらの食べ物を食べないように気をつけましょう。

1・オレンジ、レモンなどの柑橘類
2・イチジク
3・しそ
4・セロリ
5・みつ葉
6・キウイ
7・パセリ
など

朝食には、これらの食べ物を含まないように献立を考えると良いでしょう。

まとめ

紫外線対策は本当に大切ですよね。

肌荒れなどは中々改善しにくいことを考えると、日頃からの食事で肌の健康を保てるようにしておくと良いでしょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加