サバ缶ダイエットの方法やその効果について具体的にくわしく紹介

サバ缶ダイエットと呼ばれるものをテレビや雑誌で見聞きすることがあります。

サバ缶はコンビニやスーパーなどで購入できるので、非常にお手軽なのもありがたいですよね。

しかし、サバ缶ダイエットの具体的な方法については、よくわからない場合があるかと思います。

多くのダイエットに言えることですが、きちんとした方法を実践しなければ逆効果になることも珍しくありません。

そこで今回の記事では、

  • サバ缶ダイエットの方法について
  • サバ缶ダイエットの効果とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

サバ缶ダイエットの方法について

サバ缶ダイエットとは、一日一食サバ缶を使った料理を食べるダイエット方法になります。

一日三食の食事の内、どれでも良いのでサバ缶を食べましょう。

また、サバ缶を食べることと並行して「他の食材とバランス良く食べること」を意識することが大切になります。

ダイエットに効果があるからといって、サバ缶だけを食べ続けると栄養が著しく偏ってしまいます。

テレビや雑誌でも取り上げられている通り、偏食は健康を害しますし、ダイエットとしても非効率的です。

野菜や果物など、サバ缶以外の食べ物もしっかりと食べるように気をつけましょう。

例えば、サバ缶と味噌汁の組み合わせは簡単に調理することが出来ますし、味噌汁に野菜を多めに入れておけば栄養も偏りませんしね。

あるいは、鳥や豚などのお肉を食べるところをサバ缶に変更するというのもおすすめです。

一般的なサバ缶のカロリーは100g辺り、120~140キロカロリー程です。

スポンサーリンク

焼いた鳥モモ肉100gが200~230キロカロリーであることを考えると、カロリーは決して高いものではないからです。


ただ、サバ缶ダイエットを行う場合、使用するサバ缶の種類は「水煮」にするように注意しましょう。

サバ缶の種類としては他に、「煮付け」や「味噌炊き」などがあります。

何故「水煮」なのかと言うと、「煮付け」や「味噌炊き」のサバ缶は醤油や砂糖、味噌で味付けがされており、「水煮」と比較するとカロリーが高いからです。

逆に、「水煮」のサバ缶は塩水を使い味付けなしに煮ただけのものになるので、他のものと比べてカロリーが低いのです。

サバ缶ダイエットを行う場合は、迷わず低カロリーの「水煮」のサバ缶を選ぶようにしましょう。

サバ缶ダイエットの効果とは?

サバ缶を食べることが何故ダイエットに繋がるかと言うと、上記のカロリーが低い以外にも理由があります。

それはサバに含まれる「EPA」という成分です。

「EPA」は、サバをはじめ青魚に多く含まれており、

1・【GLP-1】というホルモンの分泌を増やす
2・運動などによる体脂肪の減少を促進する効果

という効果が挙げられます。

特に【GLP-1】は糖の代謝に関わるホルモンで、余分な脂質や糖質の代謝に優れているだけではなく、満腹中枢を刺激することにより食欲を抑制する働きがあると言われています。

次に、「運動などによる体脂肪の減少を促進する効果」は文字通りダイエットに役立つ効果ですね。

これらにより、カロリーを抑えつつ多くの栄養を摂取し、運動により効率的に体脂肪の減少を目指すことができるようになるわけです。


サバ缶にはこれ以外にも、食事による血糖値の急上昇を抑える、サバに含まれる「DHA」によるストレス解消の手助けなどがあります。

また、現代日本の社会人は仕事が忙しく、自炊の手間が大変だということも珍しくありません。

サバ缶であれば、調理の手間も大幅に減らすことが出来ますし、長期保存も簡単です。

時間の節約はストレス解消にも大きく貢献しますし、しっかりと身体を休ませることにも繋がるのでありがたいですよね。

まとめ

サバ缶を使ったダイエットは、ダイエット以外にも良い効果をもたらしてくれることでしょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする