大吉のおみくじをなくした場合の対処方法はこれ!具体的なやり方を紹介

初詣などでおみくじを引くことがありますよね。

家内安全・無病息災・交通安全など、様々なことの吉凶を占うことが出来ます。

そんなおみくじですが、「大吉のおみくじを持って帰ったはいいけど、うっかりなくしてしまった!」ということがあるかと思います。

なくしてしまったおみくじが運良く見つかれば良いですが、そうでないならどうすべきか、悩んでしまいますよね。

そこで今回の記事では、大吉のおみくじをなくした場合の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

大吉のおみくじをなくした場合の対処方法はこれ!

大吉のおみくじをなくした場合でも基本的に問題はありません。

何故かと言うと、重要なのはおみくじそのものではなく、おみくじに書かれている内容だからですね。

これは、おみくじが大吉だろうと大凶だろうとまったく同じです。

そもそも、おみくじとは神様の声を聞くための道具である”籤(くじ)”が起源だと言われています。

これは現代でも同じで、神様からのメッセージであるおみくじの内容が重要であり、おみくじの紙は重要ではありません。

そのため、おみくじを意図して乱雑に扱ったり、捨てたりするのは問題ですが、うっかり落としてなくしてしまった程度なら大丈夫です。

あるいは、おみくじをなくしたことそのものに何か意味があるのかもしれませんしね。

大吉のおみくじの保管に自信が無い場合の対処方法

おみくじをうっかりなくしても大丈夫ではありますが、それでもなくしてしまうことが心配な方はおみくじを木に結ぶと良いでしょう。

大凶などのおみくじを木に結ぶことにより、困難な行いを達成したと認められ、凶が吉に転じるという説もありますしね。

ただ、おみくじを木に結ぶ場合に注意すべきことがあります。

それは、おみくじを木に結ぶ場合、おみくじを結ぶ場所が適切かどうかを確認をする必要があることです。

どういうことかと言うと、木に直接おみくじを結ぶと、木の生育に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

そのため、神社によっては木々を守るために、おみくじを結ぶ専用の紐や縄を用意している場合があります。

「他の人が木におみくじを結んでいるから大丈夫だろう」とは出来ませんので、気をつけてください。

木の生育以外にも、おみくじを木に結ぶという行為は、神様や仏様と縁を結ぶという意味があります。

好き勝手なことをして失礼をしてしまっては、本末転倒もいいところですからね。

スポンサーリンク

また、おみくじを結ぶ場所に関しては、神社に何らかの案内板があるかと思いますが、見つからない場合は神社の方に聞けば大丈夫です。

おみくじの結び方がよくわからない場合でも、そのタイミングで聞くことも出来ますしね。

去年の大吉のおみくじについて

去年に持ち帰ったおみくじの処分方法ですが、これは2つの方法があります。

つまり、「神社に処分をお願いする」・「自分で処分する」の2つになります。

「神社に処分をお願いする」とは、おみくじを引いた神社に「お焚き上げ」をお願いすることです。

破魔矢や絵馬などと一緒にお返しして、お焚き上げしてもらいましょう。

また、おみくじを引いた神社にもう一度行くのが難しい場合は、違う神社でも問題ありません。

大切なのは神様への感謝の気持ちだからですね。

次の「自分で処分する」はそのままですね。

手元にあるおみくじの役目が終わったと感じたなら、家庭ゴミとしておみくじを処分しても構いません。

上記にもありますが、大切なのは神様への感謝の気持ちです。

これを忘れなければ大丈夫です。

初詣のおみくじについて

下記の記事では、おみくじに関する情報をまとめています。

おみくじを結ぶ意味とは? 意味や由来と種類や順番について紹介

おみくじを違う神社で引くことについてと結ぶことや処分方法も紹介

おみくじの失せ物の意味や悪い結果が出た場合どうすれば良いのか紹介

おみくじには水に浮かべるものがある!?よく当たる水占みくじを紹介

おみくじがちぎれた場合の対処方法やちぎれにくい結び方について紹介

おみくじの「待ち人」の意味はこれ!正しい内容をくわしく紹介

おみくじで凶を引いたらこうする!悪い結果だった場合の対処方法を紹介

合格祈願のおみくじで「凶」を引いた時はこうする!正しい対処方法を紹介

受験生なのにおみくじで凶を引いてしまった時の対処方法はこれ!

まとめ

大吉のおみくじをなくしたら焦ってしまいますよね。

そんな不安を感じる状態を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする