おみくじを2回引いて上書きするのはダメなのか?別の神社で引くことも紹介

「おみくじ」と言えば年始の楽しみの1つですよね。

そのおみくじで大吉などが出れば嬉しいところですが、凶などのよくない結果が出ることもあります。

そういった時に「おみくじを2回引いて上書きするのはダメなのか?」と考える方がいらっしゃるかと思います。

あるいは、別の神社でおみくじを引き直す方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、おみくじの結果が悪かった場合に引き直して良いものなのか、よくわかりませんよね。

そこで今回の記事では、

  • おみくじを2回引いて上書きするのはダメなのか?
  • おみくじを別の神社で引くことについて

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

おみくじを2回引いて上書きするのはダメなのか?

結論から言えば、おみくじを2回引くことはまったく問題ありません。

例えば、一回目の参拝は家族と一緒に行いおみくじを引いて、2回目の参拝は友達と一緒に行い、その時にまたおみくじを引くといったことが起こりえます。

あるいは、「おみくじ引いたけど、その内容が悪かったからもう一度引き直したい!」と考える方もいらっしゃるかと思います。

ただ、前者はともかく、後者の場合はきちんとした対処方法が存在するため、おみくじを引き直さずにその方法を試すべきです。

そのため、おみくじの内容が悪かったからといって、自分が望む良い結果が出るまでおみくじを引き直す必要はありません。


おみくじの内容が悪かった場合、まず必要なことは「おみくじの内容をしっかりと確認すること」です。

そもそも、おみくじは運勢全般の吉凶で判断するものではなく、その内容が重要であることに注意してください。

おみくじはその年の運勢を占うと同時に、現在の自分に対して神様からのメッセージであるからです。

スポンサーリンク

また、おみくじの裏側に文章(おみくじによっては表側に)が書かれていることがあります。

この文章の多くには、「〇〇が危ないから気をつけろ」・「〇〇に対して誠実であれ」といったように、おみくじの内容に対するアドバイスが記載されています。

このアドバイスは極めて重要です!

なぜなら、あなたの現状やこれから起こりうる困難への対処方法や解決方法が書かれていることが多いからです。

そして、おみくじの文章をしっかりと把握したら、次はおみくじを木に結びましょう。

何故木に結ぶかと言うと、悪い結果が出たおみくじを木に結ぶことにより、困難な行いを達成したと認められ凶が吉に転じるという説があるからです。

その際の注意点としては、おみくじを結ぶ場所は神社やお寺が指定している場所で結ぶことです。

例えば、おみくじを木に結ぶと木の生育に悪影響が出る可能性があるため、おみくじを木に結ぶことを禁止している神社やお寺があります。

そういった場合は、神社やお寺が木々を守るために、おみくじを結ぶ専用の紐や縄を別途用意していることがほとんどです。

そのため、おみくじを結ぶ前に、結ぶべき場所をしっかりと確認するようにしてください。

おみくじを別の神社で引くことについて

おみくじを一度引いた後、別の神社でもう一度引いても問題はありません。

ただ、前章にもあるように、おみくじはその年の運勢を占うと同時に、現在の自分に対して神様からのメッセージを受け取るものです。

「おみくじの内容が悪かったから別の神社で引き直す」のではなく、おみくじの内容をしっかりと読むことが重要になります。

また、おみくじを引く目的が違う場合、2回目以降を引くことはまったく問題がありません。

例えば、恋愛・学業・仕事など、おみくじを引く目的や種類が違う場合などですね。

まとめ

おみくじの内容が悪かったとしても、その内容をしっかりと確認すれば大丈夫です。

おみくじに書かれている神様からの助言で困難を乗り切りましょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする