虫歯になりやすい食べ物はこれ!なりにくい食べ物も紹介

「虫歯」は虫歯菌に感染することで発症する感染症です。

そんな虫歯ですが、虫歯になりやすい食べ物・なりにくい食べ物があることをご存知でしょうか?

中には歯に直接的なダメージを与える食べ物もありますので、虫歯予防のために知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 虫歯になりやすい食べ物はこれ!
  • 虫歯になりにくい食べ物はこれ!

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

虫歯になりやすい食べ物はこれ!

虫歯になりやすい食べ物は、以下の特徴を持つ食べ物になります。

1・砂糖がたくさん入っている
2・歯に付着しやすい
3・口の中に長く留まりやすい

以上です。

わかりやすい例を挙げると「キャラメル」・「飴」・「チョコレート」などですね。

飲み物では、スポーツ飲料やジュースなど砂糖が多く含まれるものが挙げられます。

何故これらの食べ物や飲み物が虫歯になりやすいのかというと、虫歯の原因となる虫歯菌(ミュータンス菌)は口に含まれる食べ物の糖分を栄養にして酸を出します。

その酸が歯を溶かして穴をあけることによって、虫歯が発生することになるからですね。

この虫歯菌の性質上、「砂糖がたくさん入っている」食べ物が、「歯に付着しやすい」ものであったり、「口の中に長く留まりやすい」と虫歯菌が繁殖しやすい環境となります。

そのため、これらの条件を満たす食べ物は食べる機会を減らすか、ダラダラと長時間に渡り食べ続けることがないようにしましょう。

特に、食事の時間を明確に区切ることが難しい小さな子どもは、虫歯になりやすいと言えるでしょう。

また、1日1回の歯磨きは、丁寧に行うことで歯の間などに残った食べかすを取り除くことが出来ます。

その結果、虫歯菌の栄養源を排除することによる予防効果が期待できるので、丁寧な歯磨きを心がけるようにすると良いでしょう。

虫歯になりにくい食べ物はこれ!

前章では虫歯になりやすい食べ物についてお伝えしましたが、逆に、虫歯になりにくい食べ物も存在します。

おやつに食べ物を口にするのであれば、虫歯になりにくい食べ物を選んで食べることで、虫歯予防に繋げることが出来ます。

虫歯になりにくい食べ物は、以下のようなものが挙げられます。

1・野菜
2・果物
3・牛乳、緑茶、ミネラルウォーター
4・せんべい、クラッカー、ナッツ
5・シュークリーム、ゼリー、プリン

以上です。

「野菜」は植物繊維の多さから口の中を掃除してくれますし、「牛乳、緑茶、ミネラルウォーター」は虫歯菌の栄養となる糖分が入っていません。

スポンサーリンク

これは「せんべい、クラッカー、ナッツ」も同様ですね。

「果物」と「シュークリーム、ゼリー、プリン」は糖分が含まれていますが、水分も多く含まれているので口の中に留まっている時間が短いため、結果的に虫歯になりにくい食べ物となります。

ただ、同じ果物でもバナナのように粘性が高いものは口の中に残りやすいため、虫歯への注意が必要になります。

食べかすが口の中に残りやすいポテトチップスやクッキーも同じですね。


また、唾液には口の中の酸を中和する効果があるのですが、頻繁に飲み食いをしていると口の中が酸性のままになり、歯が溶けるという状態になることがあります。

炭酸飲料・ワイン・お酢・オレンジのような、単純に酸性が強い食べ物を多く摂取することも同様です。

そのため、「食べる時は食べる」・「食べない時は食べない」とメリハリを付けることが重要になります。

これは口の中に糖分や食べかすを残さないことにも繋がるので、虫歯予防にも繋がるというわけですね。

虫歯に関するその他の情報

親知らずの隣の歯は虫歯になりやすい!?予防方法も紹介

親知らずの虫歯を放置するとどうなるのか?

子供の乳歯に出来た虫歯は治療すべきなのか?虫歯になりやすい原因も紹介

虫歯で子供への予防方法はこのやり方がおすすめ!

虫歯の見分け方はこの方法で!歯医者へ行く判断材料についても紹介

親知らずが虫歯になりやすい原因はこれ!すぐに治療すべきなのかも紹介

虫歯の初期症状とはどんなものなのか?治す方法についても紹介

虫歯になりやすい食べ物はこれ!なりにくい食べ物も紹介

虫歯がうつる原因はこれ!対策方法もくわしく紹介

虫歯が痛い原因はこれ!対処方法も紹介

まとめ

虫歯を予防するために、虫歯になりやすい食べ物・虫歯になりにくい食べ物を選んで食べるようにしましょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加