インフルエンザの感染を予防する対策方法はこれ!

「インフルエンザ」は重篤な症状を引き起こす病気です。

感染力が非常に強いため、一度インフルエンザになってしまうと会社や学校にも行けなくなってしまいます。

そこで重要になるのが「インフルエンザの感染を予防すること」ですね。

病気になることを事前に防ぐことが出来れば、それが最善なのは当然です。

しかし、具体的な方法がわからず、悩んでしまうことがあるかと思います。

そこで今回の記事では、インフルエンザの感染を予防する対策方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

インフルエンザの感染経路について

インフルエンザの感染を予防するためには、まず感染経路を知っておく必要があります。

インフルエンザの感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」の2種類になります。

「飛沫感染」は、咳やくしゃみ、会話の時に空気中に拡散されたウイルスを呼吸で吸入することで感染するパターンです。

例えば、「咳をしている人の近くにいると病気をもらいやすい」のはこのためですね。

学校や電車、劇場といった人が多く集まる場所ほど飛沫感染の可能性が上がります。


次の「接触感染」は少し複雑です。

インフルエンザに感染している人がくしゃみや咳を手で押さえ、その手で周りの物に触れてるとウイルスが付着します。

そのウイルスが付着している場所に別の人が触わり、ウイルスが手に付着したままの状態で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

感染例としては、電車やバスのつり革・ドアノブ・照明などのスイッチが挙げられます。

インフルエンザを予防するためには、こういった感染経路からの感染を事前に防止することが重要になるわけですね。

インフルエンザの感染を予防する対策方法はこれ!

1・正しい手洗いをする
インフルエンザに限らず、多くの病気を予防するために「正しい手洗い」は非常に効果的です。

ここで重要なのは、ただ漠然と手洗いをするのではなく、正しい方法で手洗いをすることになります。

正しい手洗いの具体的なやり方としては、

スポンサーリンク
1・爪を短く切り、腕時計などは外す

2・流水でよく手を濡らし、石鹸を付けて手のひらをよくこする

3・手の甲の部分を伸ばすようにしてこする

4・指先や爪の間を念入りにこする

5・指の間をよくこする

6・手首を洗う

7・親指をひねるようにして洗う

8・流水でしっかりと洗い流す

9・清潔なタオルなどで水分を拭き取り、よく乾かす

以上になります。


2・こまめに水分補給をする
人間の喉や鼻の粘膜にある「線毛(せんもう)」には、外から入ってくるウイルス・菌を体内から排出させる役割があります。

しかし、体内の水分が減ってしまうとこの線毛が乾燥してしまい、ウイルス除去効果が下がってしまいます。

特に、冬場は暑い夏と比べると水分補給の頻度が落ちる傾向にあるため、こまめに水分補給をすることが重要になります。

目安としては、20~30分ほどの間隔で水分補給をすると良いでしょう。

また、部屋の空気が乾燥していると、喉の粘膜の防御機能の低下を招くことがあります。

水分補給以外では、加湿器によって部屋の湿度を調整することが効果的です。


3・普段の健康管理を気をつける
当たり前のことですが、睡眠不足などで身体が弱っている状態だとインフルエンザに感染する可能性が高くなります。

また、インフルエンザに感染した時の症状が激しくなる原因にもなるため、普段の日常生活で健康管理に気をつけることがインフルエンザ予防の第一歩になります。

例えば、栄養バランスの良い食事を摂り、十分に睡眠を取ることが大切です。


4・人混みを避ける
インフルエンザが流行している時期には、なるべく人混みを避けるようにしましょう。

多くの人が集まる場所では、インフルエンザウイルスが存在する可能性が大きく上がるからですね。

また、前章における感染経路は、こういった人混みであることが非常に多いです。

そのため、繁華街に遊びに行くなどの行為は控えるようにした方が無難です。

まとめ

インフルエンザは症状が激しい怖い病気です。

インフルエンザへの予防策をしっかりと講じて、疾患しないようにしたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする