梅雨時の足の臭いの原因はこれ!改善方法も紹介

「梅雨」の季節になると足の臭いが気になりますよね。

年代や性別問わず、梅雨の季節は足の臭いが酷くなりやすいからです。

しかし、足の臭いが酷くなる原因がわからないと、対策方法を講じにくいです。

仕事や日常生活を快適にするためにも、足の臭いを改善したいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 梅雨時の足の臭いの原因はこれ!
  • 梅雨時の足の臭いを改善する方法とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

梅雨時の足の臭いの原因はこれ!

足が臭くなる原因は「雑菌」です。

雑菌は人間の汗・皮脂・角質などの汚れとして繁殖するのですが、これらが雑菌によって分解されると悪臭が発生するわけです。

そして、雑菌はどこでも繁殖できるというわけではなく、特定の条件が揃った場所が必要になります。

人間の足はその条件を非常に満たしやすいため、足の臭いが酷くなる傾向にあるわけですね。

雑菌が繁殖するための条件とは、

1・湿度が高い
2・温度が高い
3・雑菌のエサとなるものが豊富にある

以上です。

例えば、靴を履いている足からは汗が出ますし、体温により一定の温度が常に保たれます。

特に、足の裏には汗腺(汗を分泌する部位)が集中しており、1日にコップ約1杯分の汗をかくといわれています。

そして、梅雨の季節になると気温や湿度がどんどん高くなるため、さらに雑菌が繁殖しやすくなってしまうわけですね。

さらに、足は雑菌のエサとなる皮膚の角質層がはがれやすいため、すべての条件を満たすことになってしまいます。

その結果、梅雨の季節になると、足の臭いが酷くなる人が多くなるわけです。

梅雨時の足の臭いを改善する方法とは?

前章にあるように、梅雨時期の足の臭いを改善するためには、雑菌に対する対策が重要になります。

梅雨の季節の湿気や気温も考え、効果的な方法を実践していきましょう。


1・足を毎日しっかり洗う
当たり前のことですが、足を毎日しっかり洗うことは雑菌対策において非常に大切です。

梅雨の季節だと、「真夏のように毎日お風呂に入らなくても大丈夫」という人が一定数いらっしゃるかと思いますが、これは足の臭いの悪化を招きます。

例えば、足の爪の隙間に皮脂や汚れが溜まると、そこが雑菌の温床になることがありますからね。

スポンサーリンク

また、純粋に足の健康を守るためにも、足を毎日にしっかりと洗うことを徹底してください。

足を洗う場合は、足の消臭石鹸があるため、こういった製品を利用することも効果的です。

ブテナロックのように臭いと雑菌の両方へ対応してくれる製品もありますしね。

【医薬部外品】久光製薬 ブテナロック 足洗いソープ 石鹸 150g


2・靴下を変える
足の臭いの原因となる雑菌は、足そのもの以外では靴下にも付着します。

足と直接接触しているわけですから、雑菌が付着するのは当然ですね。

そのため、毎日清潔な靴下を履くようにしましょう。

また、飲み会などで座敷に上がる機会がある場合、あらかじめ新しい靴下に履き替えておくと臭いを抑えることが出来ます。

梅雨の季節は雨が多くなるので、靴下が濡れた場合に備えて変えの靴下として常備しておくのも良いでしょう。


3・靴をしっかりと乾かす
靴が雨水でビシャビシャの状態のまま放置してしまうと、雑菌が大量に繁殖することになります。

その状態の靴を履いてしまうと、足の臭いも酷いことになるのは当然ですね。

そのため、靴が濡れてしまった場合は、放置せずにしっかりと乾かすようにしましょう。

軽く濡れた程度であれば、新聞紙を丸めて靴の中に詰めるなどして対処できるかもしれませんが、ずぶ濡れになってしまった場合はそうもいきません。

そこで活躍するのが「くつ乾燥機」です。

送風機能によって靴を素早く乾燥させることが出来ます。

タイマー機能もついている製品も多く、濡れた靴をセットしておけば後は放置するだけで大丈夫ですよ。

Shuosi くつ乾燥機 除菌脱臭水虫解消 タイマー付き 伸縮ノズル コンパクト収納可 靴乾燥機 様々な靴を対応可 日本語取扱説明書付き

まとめ

梅雨の季節になると足の臭いが気になり始めますよね。

そんな状態を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする