ニキビが背中に出来る原因はこれ!ケア方法についても紹介

「ニキビ」は顔の周辺にだけではなく「背中」にも出来ることがあります。

「ポツポツとあるニキビが気になって、背中が空いた洋服が着られない」といった経験をした方は多いのではないでしょうか?

そんな背中のニキビですが、ニキビが出来る原因がよくわからず、対処方法に悩むかと思います。

自分では見えないところだからこそ、きちんとしたケア方法を使って治したいですよね。

そこで今回の記事では、

  • ニキビが背中に出来る原因はこれ!
  • ニキビで背中の場合のケア方法とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ニキビが背中に出来る原因はこれ!

1・皮脂
皮脂とは、皮脂腺から分泌される脂肪などを含むエマルション状の液体です。

通常、皮脂は皮膚の表面を覆うことで、乾燥や菌の増殖から皮膚を守っているのですが、この皮脂が毛穴に詰まってしまうと、皮脂が詰まった毛穴では「アクネ菌」が増えて炎症が起こりやすくもなってしまいます。

というのも、アクネ菌は皮膚の健康に関係するとされる細菌の一種ですが、毛穴の奥などで皮脂や汚れを栄養源として増殖し、その際に炎症物質を作ってしまうからです。

その結果がニキビになるわけですね。

特に、背中は皮脂を分泌する皮脂腺が多い場所でもあるため注意が必要になります。


2・マラセチア真菌
「マラセチア真菌」はカビの一種です。

マラセチア真菌も上記にあるアクネ菌と同様に皮脂が大好物であるため、皮脂が詰まった毛穴の中に潜り込んで、背中ニキビを生み出してしまうことがあります。

特に、背中にできるニキビの場合は、このマラセチア真菌が原因であることが多い傾向にあります。

また、マラセチア真菌によるニキビは、夏場のように背中に大量の汗をかく場合に発生しやすいことがわかっています。


3・摩擦や刺激
背中は衣類などによる摩擦や刺激が多い部分です。

摩擦や刺激などによって肌が刺激されると、肌を守ろうと毛穴は余計に皮脂を出すので「過剰皮脂」の状態となってしまうわけですね。

こうなると、皮脂によって毛穴が詰まりやすくなりますし、皮脂を栄養にしているアクネ菌やマラセチア真菌が繁殖することに繋がります。


4・栄養バランスの偏り
背中のニキビは食生活の乱れによっても発生することがあります。

例えば、暴飲暴食や脂っこい食事、インスタント食品や甘いスナック菓子などを日常的に食べることなどが挙げられます。

このような脂肪分と糖分を大量摂取するような状態だと、皮脂の分泌量が大幅に増えることになります。

また、脂肪分や糖分が体内に入ると、肌を健康状態に維持するために必要なビタミンB群が代謝のために大量に消費されることになるため、肌の健康に悪影響が出るわけですね。

スポンサーリンク

ちなみに、極端なダイエットのように栄養不足の状態でも同様のことが起こる可能性があります。


5・睡眠不足
何らかの要因で皮膚が受けたダメージは、主に睡眠中に傷を修復されることになります。

そのため、慢性的な睡眠不足に陥ってしまうと、皮膚が傷ついたまま修復されず、さらに傷を負って肌荒れが進行することになるわけですね。

また、睡眠不足によるストレスの蓄積も同様です。

しっかりとした睡眠を取ることが出来ないと、ニキビ以外の病気の原因となることがありますし、注意をしておきたいところです。

仕事で夜勤が多いなどのように、不規則な生活も睡眠不足を招くこともあります。

ニキビで背中の場合のケア方法とは?

1・病院を受診する
ニキビの状態が酷い場合は、個人で対処しようとせずに病院を受診するべきです。

皮膚科の医師の方とニキビの状態を相談しながら対処方法を教えてもらいましょう。

特に、背中のニキビの原因となるアクネ菌やマラセチア真菌のような細菌に対しては、薬剤で対処することが出来るようになっていますからね。

その他にも、治療をする際に気になるポイントなどをその場で相談して解決することが出来るのもポイントです。


2・市販薬を使う
背中のニキビの症状が軽症であれば、市販薬されている薬剤を使って対処できる可能性があります。

上記にもあるように、細菌によるニキビは薬剤で何とか出来ることが多いですからね。

例えば、赤く炎症を起こしたニキビは治り難いので、弱いステロイド剤が入った軟膏を使用するなどです。

また、何らかの刺激によって発生しているニキビに対しては、保湿ケアで落ち着くことがあるので、湯上りにボディローションなどを塗り、弱った肌を労わってあげると良いでしょう。

オロナインH軟膏


3・食生活を改善する
暴飲暴食や栄養が偏った食事ではなく、きちんとした食生活をするようにしましょう。

生活習慣の改善はニキビはもちろん、他の病気の発生を防ぐ効果もありますし、別の原因であるストレスの蓄積を予防することにも繋がります。

前章にもあるように、ビタミンB群が肌の健康を維持する上で重要なので、それらを含む野菜などを食べると効果的です。

また、トマトのように血液の循環を良くする野菜、キャベツやブロッコリーのように炎症を抑えるたり、解毒作用がある野菜を食べることもおすすめします。


4・汗を放置しない
夏場のように大量の汗をかく環境だと、背中が汗でびっしょりと濡れることが多くなります。

そのような状態を放置してしまうと、背中のニキビの原因となる細菌が繁殖することを許すことになってしまいます。

そのため、汗をかいた後はシャワーを浴びたり、シャツを清潔なものと着替えることを忘れないようにしてください。

また、背中の汗をよく拭き取るために、強くゴシゴシ擦ることは逆効果になるので注意が必要になります。

前章にもあるように、肌への摩擦や刺激がニキビの原因となることがあるからですね。

まとめ

背中にできるニキビは気が付きにくく、また、服装によっては非常に目立つので本当に最悪ですよね。

そんなニキビを素早く治すために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加