ニキビが出来る原因でおでこの場合はこれ!対策方法も紹介

ニキビがおでこに出来て悩む方は多いことでしょう。

おでこは人の目に映りやすい場所ですから、跡に残さずキレイに治したいですよね。

しかし、おでこにニキビが出来る原因がわからないと対処が難しいかと思います。

そこで今回の記事では、

  • ニキビが出来る原因でおでこの場合はこれ!
  • おでこにあるニキビへの対策方法はこれ!

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ニキビが出来る原因でおでこの場合はこれ!

1・皮脂
おでこには「皮脂」を分泌する皮脂腺が多く集まっています。

皮脂とは、皮膚の表面を覆うことで乾燥や菌の増殖から皮膚を守っているものです。

しかし、皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まってしまい、これがニキビの原因となってしまうわけですね。

また、皮脂が詰まった毛穴では、アクネ菌が増えて炎症が起こりやすくもなってしまいます。

アクネ菌は皮膚の健康に関係するとされる細菌の一種ですが、毛穴の奥などで皮脂や汚れを栄養源として増殖し、その際に炎症物質を作ってしまいます。

この炎症物質によって炎症が長引くと、ニキビ跡が残ってしまう原因にもなるので注意が必要になります。


2・睡眠不足
現代日本の社会人は慢性的な睡眠不足に陥りやすいです。

十分な睡眠が得られないと、寝ているときに分泌されるホルモンが分泌されず、身体に不調をきたすことになります。

また、皮膚は眠っている間にダメージを修復して、新しい皮膚を作るという性質があります。

睡眠不足が続くということは、皮膚にあるダメージが修復されないままになるため、毛穴の詰まりとニキビの原因になるわけですね。

もちろん、風邪などの他の病気の原因にもなるので、睡眠不足が慢性的になっている人は注意が必要になります。


3・栄養バランスの偏り
ニキビのような肌トラブルは、栄養バランスが乱れた影響で発生することがあります。

例えば、暴飲暴食を筆頭に脂っこい食事やインスタント食品、甘いスナック菓子を日常的に食べることなどが挙げられます。

脂肪分や糖分は皮脂の栄養となりやすく、過剰にとると皮脂の分泌も増加することになるため、これがニキビの原因になるわけですね。

また、脂肪分や糖分が体内に入ると、肌を健康状態に維持するために必要なビタミンB群が代謝のために大量に消費されることになります。

スポンサーリンク

逆に、ダイエットなどで過剰な食事制限をしてしまうと、必要な栄養素が摂取できないため、これも肌が荒れる原因となってしまいます。


4・腸内の乱れ
おでこは「腸」の反射区であり、おでこのニキビは「腸の汚れ」を表しています。

暴飲暴食や睡眠不足などで腸内環境が荒れてしまうと、その悪影響がおでこにニキビとなって現れるわけですね。

また、おでこ以外にも口元やあごの部分も胃腸の乱れの影響を受けて、ニキビが発生することがあります。

おでこにあるニキビへの対策方法はこれ!

1・薬剤を使う
おでこに出来たニキビを早く治す方法の1つに、オロナインH軟膏のような薬剤を使う方法があります。

オロナインH軟膏の有効成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩と呼ばれる消毒薬です。

オロナインH軟膏を塗ると、皮膚の細菌の繁殖を抑え、ニキビの原因菌であるアクネ菌などへの抗菌作用をもたらすことが出来ます。

また、オロナインH軟膏は薬局やドラッグストアで購入すること出来るため、すぐに薬剤を入手できることもポイントですね。

ただ、使用する際は、記載されている取扱説明書をよく読み、用法・用量を守って使うようにしてください。

オロナインH軟膏


2・生活習慣の改善
前章にもあるように、暴飲暴食や慢性的な睡眠不足はおでこのニキビの原因となります。

そのため、そういった生活を改善して、身体に負担がかからないようにしましょう。

生活習慣の改善はニキビはもちろん、他の病気の発生を防ぐ効果もありますし、別の原因であるストレスの蓄積を予防することにも繋がります。

また、トマトのように血液の循環を良くする野菜、キャベツやブロッコリーのように炎症を抑えるたり、解毒作用がある野菜を食べることをおすすめします。


3・保湿をして清潔な肌を維持する
ニキビがおでこに出来る場合、おでこの部分が乾燥していることが多いです。

肌が乾燥して荒れていると、それだけ細菌による炎症が起きやすくなります。

もちろん、皮脂が多いおでこを清潔に保つことも重要で、毛穴のつまりを予防することでニキビの発生を防ぐことが出来ます。

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル (化粧水) 110ml

まとめ

おでこのような目立つ場所にニキビが出来ると本当に嫌ですよね。

そんな状態を改善するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加