花粉が布団に付かないようにする対策やシーツを洗濯する時の工夫とは?

布団やシーツを外で干した次の日、鼻水・鼻づまりが治まらない。

突然、花粉症の症状がとんでもなく酷くなってしまう。

これは、布団やシーツに花粉が大量に付着しているのが原因の1つです。

日中に布団を干すと布団がとても気持ちよくなるのですが、布団に花粉が付着し、夜寝る時に花粉を吸い込んだり、顔に当たったりして花粉症の症状が出てしまうわけです。

かと言って、布団をまったく干さないのは不衛生です。

何とかして、花粉が布団やシーツに付着しないようにを干したり、洗濯をしたりする方法が必要になります。

そこで今回の記事では、

  • 花粉が布団に付かないようにする対策とは?
  • 花粉がシーツに洗濯時に付かないように工夫しよう

これらのことについて書いてみました。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

花粉が布団に付かないようにする対策とは?

花粉症の人は、布団に花粉が付着してしまうと安心して眠ることすらできなくなります。

鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどが酷くなってしまうからですね。

そこで、花粉が布団に付かないようにする対策をご紹介させていただきます。

布団袋に入れて干す

乾きが若干悪くなってしまいますが、布団袋に布団を入れて外に干します。

布団そのものに花粉が付いてしまうことを布団袋がブロックしてくれるので安心です。

ちなみに布団袋でなくても、表面がツルツルした大きめのビニール袋などでも問題ありません。

使用した布団袋は、付着した花粉をきちんと払い落としておくことを忘れないようにしましょう。

掃除機で布団の付いた花粉を吸い取る

単純明快ですが、この方法は効果がとても高いです。

ただ、布団の装飾などが掃除機の使用で痛む可能性もあります。

可能なら布団用掃除機を使用するようにしましょう。

あるいは、布団掃除用ノズルなどが別売りで販売されていますので、こちらを通常の掃除機に装着して使用すると良いでしょう。

また、花粉以外にもダニも駆除できるため、定期的に掃除することをおすすめします。


ちなみに、筆者としては「レイコップ」と呼ばれる布団用掃除機がおすすめです。

レイコップの公式サイトはこちら。
レイコップ|公式サイト |ただしくねむるテクノロジー

布団乾燥機を使う

外に布団を干さない場合は、布団乾燥機を使って布団を乾かすのがおすすめです。

布団乾燥機は温風を送って布団を乾燥させることが可能で、温風の熱でダニも殺すことが可能な優れものです。

スポンサーリンク

花粉が飛散する春以外にも、雨が続くことが多い梅雨の時期にも活躍が期待できます。

花粉がシーツに洗濯時に付かないように工夫しよう

布団と違い、シーツは比較的頻繁に選択をすると思います。

だからこそ、しっかりと花粉への対策をしておきたいですね。

そこでまずは、シーツを洗濯する際は柔軟剤を使うようにしましょう。

花粉は静電気によって引き寄せられるので、柔軟剤を使用することにより静電気の発生を防ぎ、花粉が付着しないようにすることが出来ます。

また、外へ干す前に花粉カットスプレーをして干して、シーツを取り込む前に花粉を払い落として掃除機をかければ完璧です。


ちなみに、「シーツはあまり洗わなくても問題ないのでは?」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、長期間シーツを洗わない状態が続くとダニの温床になってしまうことがあります。

ダニは髪の毛やフケなどをエサとして繁殖しますし、適度な湿気がある場所はダニの生活環境に最適なんです。

花粉症の症状を悪化させる原因の1つとしてダニの死骸や糞が挙げられていますし、しっかりと洗濯をするようにしましょう。

冬のような汗をかきにくい季節だと、2週間に1回程度の頻度でシーツを洗濯することをおすすめします。

さっぱりとした清潔なシーツは肌触りも気持ち良いものですしね。

花粉症に関するその他の情報

花粉症に関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

花粉症には人工涙液が良いのかやどこで購入できるのかをくわしく紹介

花粉症の予防に効く食べ物とは?具体的な食材をくわしく紹介

花粉が衣類にたくさん付着する!落とし方やブロックする方法について

花粉が洗濯物に付かないようにする対策と外や夜に干すことについても紹介

スギ花粉はいつからいつまで飛ぶ?ピークがいつかや多く飛ぶ気象条件とは?

花粉症の時期はいつまでなのか?植物の種類や時期についても紹介

花粉症の症状の一覧まとめと風邪との違いについて紹介

花粉症の原因には何があるのか?花粉以外の要因も紹介

花粉症でお風呂上がりにひどい症状に襲われる原因はこれ!対策方法も紹介

花粉症対策には掃除がおすすめ!掃除のコツや必要な道具もくわしく紹介

まとめ

花粉症の症状を改善するためにも、快適な睡眠をするためにも布団やシーツへの対策はしっかりとしておきたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加