雨漏り修理はどこに頼むべきなのか?また雨漏りが発生ことも紹介 | ごろん小路。

雨漏り修理はどこに頼むべきなのか?また雨漏りが発生ことも紹介

「雨漏り」が発生すると家を守るために修理が必要になります。

しかし、そこに雨漏りの修理を頼むべきなのかわからないと困ってしまいますよね。

また、雨漏り修理後に雨漏りが発生することがあるため、そういったことへの知識をもっておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 雨漏り修理はどこに頼むべきなのか?
  • 雨漏り修理後にまた雨漏りが発生する!?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

雨漏り修理はどこに頼むべきなのか?

雨漏り修理はどこに頼むべきなのかは、雨漏りが発生している家の条件によります。

まず、家が築10年以内の場合は、工務店やハウスメーカーに依頼しましょう。

工務店やハウスメーカーには「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」(あるいは契約不適合責任)があり、無料で雨漏りを直してくれるからですね。

お客としての権利ですので、家を建設した工務店やハウスメーカーにしっかりと直してもらうようにしましょう。

注意点としては、家が築10年を経過すると瑕疵担保責任がなくなることです。


次に、築10年を経過していたり、工務店などが倒産している場合についてです。

こういった時は、雨漏り修理の経験が豊富な「屋根修理業者」などに頼むことをおすすめします。

というのも、雨漏りは原因の特定が難しい場合が珍しくないため、修理が完了しても雨漏りが発生することが懸念されるからです。

直しても直しても、何度も雨漏りを繰り返すようなら、新しく信頼できる業者に別途依頼を出す必要がありますからね。

そのため、一番最初に雨漏りの修理実績が豊富な業者に依頼した方が、結果的に雨漏りに対する修理や改善が早く行われます。


また、修理業者に依頼をする場合は、保証などを含めた契約内容をしっかりと確認するようにしてください。

雨漏りの再発もそうですが、予期せぬトラブルが発生することも考えられるからですね。

そして、契約する際はしっかりと見積もりを見て、金額が妥当なのかを確認してから契約しましょう。

見積もりも終わっていない段階で、屋根の上に業者の人を登らせないように注意をしてください。

例えば、悪徳業者の場合は、嘘の破損を主張したり、業者がわざと屋根材を破損させ、あたかも最初から壊れていたかのように説明をして修理を勧めてくる場合があるからです。


ちなみに、天窓や太陽光パネル(ソーラーパネル)設置後の雨漏りの場合は、それらを施工した業者に連絡しましょう。

スポンサーリンク

設置した際に、施工保証やメーカー保証が付いていることがあるため、保証の適用範囲内で修理してもらえる可能性があるからです。

雨漏り修理後にまた雨漏りが発生する!?

雨漏り修理後にまた雨漏りが発生することはあります。

雨漏りは原因の特定が難しい場合が珍しくないため、複数の要因が雨漏りの原因となっている場合は再発してしまう可能性があります。

また、屋根の瓦が劣化などにより非常に脆くなっていると、体重をかけただけで瓦が割れるといったことも発生してしまうことがあります。

そのため、前章にもあるように修理実績が豊富な業者に依頼をすることが重要になるわけですね。

サルバ 吸水シート ワイド 50枚入

雨漏りに関するその他の情報

雨漏りが原因でカビが発生した時の掃除方法とは?健康被害についても紹介

雨漏り修理はどこに頼むべきなのか?また雨漏りが発生ことも紹介

雨漏りがサッシから発生する原因とは?応急処置方法も紹介

雨漏りでエアコンから水漏れが発生する原因とは?対策方法も紹介

雨漏りが換気口から発生する原因とは?対処方法も紹介

台風による雨漏りで保険は賃貸の場合どうなるのか?

台風による雨漏りで保険が適用される条件はこれ!

ベランダの雨漏りの原因はこれ!対策方法についてもくわしく紹介

台風で雨漏りがマンションで起きる原因はこれ!応急処置のやり方もくわしく紹介

台風の雨漏りの応急処置にはどんな方法があるのか?くわしく紹介

台風時にサッシが雨漏りする原因とその対策についてくわしく紹介

まとめ

雨漏り修理はどこに頼むべきなのか悩む方は多いかと思います。

そういった状態を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク