インフルエンザのa型とb型とc型とは何かや違いについてくわしく紹介

寒い時期になるとインフルエンザが怖くなりますよね。

そんなインフルエンザですが、a型やb型などのように種類があることを耳にするかと思います。

しかし、このa型やb型とは何を意味しているのかや、どのような違いがあるのかわからない方は多いのではないでしょうか?

そして、型の種類によって症状が違う場合、どういった違いがあるのかを知っておきたいところです。

風邪かと思っていたら、気が付かない内にインフルエンザに疾患していたなんて怖いですしね。

そこで今回の記事では、

  • インフルエンザのa型とb型とc型とは何のこと?
  • インフルエンザのa型とb型とc型の違いについて

これらのことをお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

インフルエンザのa型とb型とc型とは何のこと?

インフルエンザウイルスには様々な種類がありますが、その内人間に感染するものは大きく分けて3つあります。

これがインフルエンザのa型とb型とc型の3つになるわけですね。

それぞれ症状などの特徴が異なり、この内a型インフルエンザが世間一般で言われるインフルエンザに該当します。

急激な高熱や筋肉痛・関節痛などの症状が有名ですね。

つまり、テレビや新聞などで流行しているインフルエンザウイルスの型を説明するということは、「現在はこういった種類・症状のインフルエンザに疾患する人が増えていますよ」という意味になるわけです。

インフルエンザのa型とb型とc型の違いについて

それでは具体的に、インフルエンザのa型とb型とc型の違いについてご紹介させていただきます。

それぞれの型のインフルエンザに感染した際の症状や特徴をまとめてみました。

a型インフルエンザ

38℃を超える突発的な高熱
激しい悪寒や頭痛、咳
食事に悪影響を与えるほどの喉の痛みや腫れ
筋肉痛・関節痛
肺炎などの呼吸器系の合併症状
発生時期:12月~1月が多い
完治までの期間:1週間前後


b型インフルエンザ
基本的にはa型インフルエンザと同じだが、高熱が出なかったり、筋肉痛・関節痛などの全身症状が軽度ですむ場合もある
嘔吐や下痢などの消化器系の症状が出る場合が多い
ただし、これらはa型インフルエンザでも現れることがあるため、b型インフルエンザのみの特徴というわけではない
発生時期:2月~3月が多い
完治までの期間:1週間~10日


c型インフルエンザ
感染してもインフルエンザとしての症状は非常に軽度であり、症状が現れても鼻水程度
疾患するのは4歳以下の子どもが多い
一度免疫を獲得すると、終生その免疫が持続すると考えられており、大人は疾患しにくい
発生時期:一年中
完治までの期間:1週間前後

以上になります。

やはり、インフルエンザの特徴的な症状が現れるa型が怖いですね。

スポンサーリンク

毎年日本で流行するインフルエンザと言えば、まずこのa型インフルエンザになりますし。

突発的な高熱をはじめ、様々な症状が激しいのが特徴になります。

場合によっては、肺炎などの呼吸器系の合併症状も起こり得るので、注意が必要です。

また、1~2歳の乳幼児はa型インフルエンザにより、「インフルエンザ脳症」を起こしやすい傾向にあります。

命にかかわる場合や運動障害・知的障害・麻痺などといった、重度の後遺症が現れることもあるので特に注意しましょう。


b型とa型は似てはいますが、発生時期や完治までの期間に違いがあります。

また、b型のインフルエンザは消化器系の症状が出ることもあるので、通常の風邪やa型と比較するなら覚えておくと良いでしょう。


c型に関しては、大人にとってはほとんど脅威ではありません。

ほとんどの大人が免疫を持っているため、そもそもc型のインフルエンザに感染することが珍しいからですね。

インフルエンザに関するその他の情報

インフルエンザに関するその他の情報は、以下の記事に情報をまとめています。

インフルエンザに子どもがなった時の対応について具体的な方法をくわしく紹介

インフルエンザと風邪の見分け方とは?具体的な症状をくわしく紹介

インフルエンザを食事で予防するには?効果的な食べ物をくわしく紹介

インフルエンザ時の食事で子どもの場合はどうするの?対処方法を紹介

インフルエンザの予防接種の効果って?いつからすべきかや費用について

インフルエンザの予防接種を妊婦は受けるべきか?防腐剤やいつすべきかについて

インフルエンザの予防接種で赤ちゃんへはどんな効果が?時期や副作用について

インフルエンザの症状は風邪とどう違いがでるのか 予防方法や学校への連絡について

インフルエンザの解熱後の感染力についてやお風呂に入る際の注意点を紹介

まとめ

今回の記事では、インフルエンザの型の症状の違いや特徴についてまとめてみました。

冬場に猛威を振るうインフルエンザへの知識は、対策・治療をする上で必要になります。

万が一、自分にこういった症状が現れたら、冷静になってインフルエンザの可能性を考えるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする