雪かきで道路の場合はどこまでやれば良いのか?注意点もくわしく紹介

雪が積もると雪かきをする必要がありますよね。

玄関や自動車など雪かきをする場所は様々なものがありますが、家の目の前の道路はどうすれば良いのか、よくわからないと思います。

雪かきをするにしても、どこからどこまでをやるのか具体的な目安がないと、作業計画が立てにくいですし精神的にも辛いところです。

また、実際に道路の雪かきをする上での注意点も知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、雪かきで道路の場合はどこまでやれば良いのかについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

雪かきで道路の場合はどこまでやれば良いのか?

明確な決まりなどはありませんが、「自分の家の前の道路」までが雪かきの目安になります。

日頃自分が移動する範囲や自動車が出入りする範囲も、おおよそこの範囲に収まるでしょう。

自宅の向かい側に人が住んでいるのであれば、道路の雪かきは半分だけで大丈夫です。

基本的には、各々の家の住人が目の前の道路の雪かきをすれば、雪は全て綺麗になるわけですからね。

あるいは、自宅がマンションやアパートで管理業者などがいない場合、自分が住んでいる階の通路部分が目安になるでしょう。

また、道路の雪かきを行う際は雪を車道側へ押しやらないように注意してください。

他の方の通行の妨げになることが考えられますし、何らかの事故の原因になった場合は大変です。

実際に、車道の雪が原因になった事故が起きていますしね。

最後に、地方自治体によっては雪かきのルールやマナーを細かく定めているところもあります。

地域によってルールの細部は異なりますが、「雪は〇〇へ寄せておく」・「指定された場所の雪かきを禁止する」などのルールが決められていることがあります。

そのため、雪かきを始める前にそういったルールなどを確認しておくと、後々のトラブルを減らすことに繋がります。

雪かきで他人の家の前はどうするのか?

上記にもありますが、「自分の家の前の道路」までが雪かきの目安です。

そのため、「高齢で雪かきが難しい」などの理由がない限りはしない方が無難です。

そして、実際に他人の家の前の雪かきをする場合は、自分一人だけで作業をせずに、当事者である高齢者の方や隣近所の方々と話し合いと協力をして行いましょう。

単純に考えても作業量が倍近くになるわけですから、一人だけで雪かきをするのは負担が大きすぎますからね。

高齢者の方も、雪かきに直接的な協力は出来なくても、それ以外になにか出来ることがあるはずです。


ただし、他人の家の前の道路雪かきする場合、そこの家の住人が偏屈な方であるなら注意が必要になります。

「雪かきの音がうるさい」・「自分の家の近くに雪を寄せてくるな」など、何らかの形でトラブルに成ることが予想されるためです。

あるいは自分では雪かきをせず、他の人に全て作業をやらせようとする場合もあるでしょう。

スポンサーリンク

そのため、そこに住んでいる人の性格によっては何もしない方が良いこともあるため、周囲に住んでいる人などから情報を仕入れておくことが無難です。

雪を置く場所について

上記にもあるように、雪かきで集めた雪を車道に捨てるのは非常に危険です。

車道以外にも、「排水口」・「下水道」・「河川」も雪を置いたり捨てることが禁止されています。

場合によっては賠償請求などのトラブルが発生する可能性があるので、雪をこれらの場所へ捨てるのは止めておいた方が無難です。

ただし、地方自治体などが「雪を〇〇に捨てても良い」と定めている場合は大丈夫です。

効率的な雪かきのためにも、これらの情報はしっかりと確認しておきたいですね。

雪かきに関するその他の情報

雪かきで起こる筋肉痛を効果的に治す方法はこれ!

雪かきで雪をお湯で溶かすことが駄目な理由は何なのか?

雪かきで怪我を防止するための対策方法はこれ!

雪かきで屋根の場合におすすめの道具はこれ!準備の手順も紹介

雪かきで階段や玄関のやり方はこれ!注意点などもくわしく紹介

雪かきで雪を捨てる場所がない時の対処方法はこれ!捨てては駄目な場所も紹介

雪かきで道路の場合はどこまでやれば良いのか?注意点もくわしく紹介

雪かきの注意点はこれ!事故や怪我を防ぐ具体的な方法をくわしく紹介

雪かきのコツはこれ!注意点も具体的にくわしく紹介

雪かきで車の上にある雪の対処方法はこれ!道具や傷つかないやり方を紹介

雪かきはいつするのか?何時までやった方が良いのかについても紹介

雪かきの道具のおすすめはこれ!選び方などもくわしく紹介

まとめ

雪かきで道路の場合はどこまでやって良いのか、わからなくなることは珍しくありません。

自分が雪かきをする範囲を明確にして、スムーズに作業を進めていきたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加