クワガタは昼間どこにいる?出てくる時間や時期とは? | ごろん小路。

クワガタは昼間どこにいる?出てくる時間や時期とは?

「クワガタ」を捕まえるために森林を訪れることがあるかと思います。

しかし、クワガタが昼間どのような場所にいるかわからないと、捕まえることは難しいですよね。

また、クワガタが出てくる時間や時期も知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • クワガタは昼間どこにいる?
  • クワガタが出てくる時間はいつ?
  • クワガタが出てくる時期とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

クワガタは昼間どこにいる?

クワガタは基本的に夜行性の昆虫であるため、太陽が眩しい昼間は天敵にみつからないように物陰に隠れています。

具体的にどこに隠れているかは種類によって異なり、

1・コクワガタ、ノコギリクワガタ……木の枝や木の皮の隙間など
2・オオクワガタ、ヒラタクワガタ……木の穴や土の中など

以上です。

昼間のクワガタは、上記のような場所に隠れてじっとして動かず、そのまま夜の時間を待つわけですね。

ただ、クワガタでも昼間に活動するものもいます。

例えば、コクワガタは比較的昼間でも活動していることが多く、コメツキムシやカナブンと一緒に樹液に群がっている姿を見ることができます。

そのため、クヌギやヤナギなどの樹液が出ている場所であれば、昼間でもコクワガタと遭遇することはあります。

クワガタが出てくる時間はいつ?

結論から言えば、クワガタが出てくる時間は日没後になります。

前章にもあるように、クワガタは夜行性の昆虫であるため、活動が活発になるのは夜間ですからね。

また、その中でも20~22時頃が、クワガタが最も活発に動き回る時間帯になります。

この時間になると、クワガタがエサとなる樹液を求めて飛ぶ姿を見ることができるでしょう。

もちろん、野生のクワガタを捕まえたい場合も、この時間帯に捕獲作業をすると良いでしょう。

その場合は、エサとなる樹液がある場所を何回もチェックすることが有効です。

例えば、

1・樹液の出ている場所Aでクワガタを採集
2・次の樹液の場所Bへ行き採集
3・その後、30分以上経って最初の場所Aに戻る
4・時間差でやってきたクワガタを発見!

以上です。

スポンサーリンク

このように、短時間のうちにクワガタが現れることも珍しくないので、昼間や夕方に樹液がある場所をチェックして、巡回するルートを作っておくと良いでしょう。

22時過ぎあたりまで頑張れば、数多くのクワガタと出会うことができるかと思います。

クワガタが出てくる時期とは?

クワガタの成虫が出てくる時期としては、「5月から10月初旬まで」が一般的です。

ただ、自然界にいるクワガタの成虫を捕まえたい場合は、「6月下旬から7月中旬ぐらいまで」がおすすめです。

というのも、この時期がクワガタ採集のピークだと言えるタイミングであり、この時期以降はカブトムシが餌場となる樹液に現れるようになるため、クワガタとの競合が発生しやすくなるからです。

餌場の奪い合いに負けた方はその場所から移動するため、結果的にクワガタが見つけにくくなってしまうというわけですね。

フジコン A-144 [クワガタ育成マットPRO 5L]

クワガタに関するその他の情報

クワガタ飼育でダニの駆除方法とは?どこから現れるの?

クワガタの餌でゼリー以外のものとは?餌の頻度は?

クワガタは昼間どこにいる?出てくる時間や時期とは?

クワガタ飼育でコバエが発生する原因とは?対策方法は?

クワガタを捕まえる方法とは?適した時間や雨の日の場合は?

クワガタの羽化後の管理方法とは?羽化不全を予防する方法は?

クワガタが羽化する時期とは?羽化する期間や時間はどのくらい?

クワガタが蛹化する時期とは?蛹の期間や前兆は?

クワガタの幼虫のマット交換時期とは?交換方法は?

クワガタの成虫のエサとは?家にあるものは代用できる?

クワガタの越冬はいつからいつまで?越冬方法とは?

クワガタの成虫の寿命とは?寿命が長いのはなぜ?

まとめ

クワガタは、昼間は天敵にみつからないように物陰に隠れています。

そのため、クワガタが活動する時間帯を考えて行動すると、捕まえやすくなるかと思います。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク