台風時の自転車の転倒防止方法はこれ!必要な道具も紹介

毎年日本に上陸してくる台風。

そんな台風によって自転車が転倒してしまうと破損などの被害が懸念されます。

自転車が倒れるだけならまだマシですが、倒れた時に他のものを巻き込んだりすると最悪ですからね。

しかし、自転車を転倒させないようにするための具体的な方法がわからず、悩んでしまうかと思います。

そこで今回の記事では、台風時の自転車の転倒防止方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

台風時の自転車の転倒防止方法はこれ!

1・自転車を家の中へ移動させる
自転車の台風対策で最も効果的な方法は、自転車を家の中へ移動させることになります。

台風の規模にもよりますが、マンションやアパートにある自転車置き場そのものが、台風の強風で丸ごと吹き飛ばされてしまったという例もありますからね。

そのため、自転車の転倒による破損や故障を防ぐためには、家の中への移動が効果が高くおすすめです。

さすがに家そのものが大きく破壊されるような事態は少ないですし、強風で飛ばされてきたものが自転車にぶつかる心配もありません。

また、自転車を玄関に入れておくスペースがないのであれば、ダンボールや新聞紙などを下に敷いてリビングに上げると良いでしょう。


2・自転車を横倒しにして固定する
自宅の庭などに自転車を倒しておくスペースがある場合には、最初から倒しておくのも効果的です。

台風の強風で自転車が倒れてしまうと、カゴが潰れたり、ブレーキハンドルが折れたりすることもありますからね。
最初から自転車を横倒しにしておけば、少なくとも転倒による破損や故障は防ぐことが出来るでしょう。

また、横倒しにした自転車が吹き飛ばされないように、庭の木などにロックワイヤーやロープなどを使って固定しておけばバッチリです。

スポンサーリンク

ただ、当たり前ではありますが、この方法はマンションやアパートなどのような生活空間が狭い場所だと使えないことがあります。

そのため、廊下などの共用部に自転車を置く人が稀にいますが、これは問題になってしまうのでやめておきましょう。


3・自転車カバーは外す
台風による影響がある状態では、自転車カバーは外しておいた方が無難です。

自転車カバーをしていると、台風の強風による影響を思いっきり受けることになるので、自転車が転倒する可能性が非常に高くなるからですね。

そのため、台風が近づく前に自転車のカバーは外しておきましょう。

基本的に、自転車は雨に濡れても問題ありませんし、電動自転車なども風雨にさらされても故障しないようになっていますしね。


4・サイクルブロックを活用する
サイクルブロックとは、自転車を溝に入れて前輪を固定する自転車止めのことです。

製品にもよりますが、サイクルブロックは30キロ前後の重量があり、台風などの強風による自転車の転倒を防止することが出来るようになります。

サイクルブロックが自転車の駐車位置の基準になるため、自転車を整理して置くことにも繋がります。

また、実際にサイクルブロックを設置する際は、ネットショップなどで購入して宅配員さんに設置場所まで運んでもらう方法がおすすめです。

相当に重いので、運搬中の怪我を防ぐことも出来ますからね。

Dex サイクルブロック 駐輪場向け自転車スタンド) (アイボリー)

まとめ

台風による暴風雨から大切な自転車をしっかりと守ってあげたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加