台風時に自転車を家に入れられない時の対処方法はこれ!

台風が上陸してくると強風による自転車への被害が気になりますよね。

台風の強風で自転車が倒れて破損したり、倒れた時に物を巻き込む可能性などを考えると不安になってしまいます。

こういった場合は自転車を家の中へ入れれば良いのですが、それが出来ない場合は対処方法に悩んでしまいますよね。

そこで今回の記事では、台風時に自転車を家に入れられない時の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

台風時に自転車を家に入れられない時の対処方法はこれ!

1・自転車を横倒しにする
台風の時に自転車を家の中へ移動することが出来ない場合、自転車を横倒しの状態にしておくだけでも台風対策になります。

あらかじめ自転車を倒しておくことで、自転車のブレーキハンドルなどの重要部分の破損を防ぐことが出来ますからね。

そのため、自宅の庭などのように自転車を横倒しに出来るスペースがある場所に、自転車を移動させておきましょう。

また、自転車カバーを普段から利用している場合は、台風が来る前に外しておきましょう。

自転車カバーがあると、台風の強風による悪影響を思いっきり受けてしまうことになります。

これは、自転車が横倒しの状態でも同様で、吹き飛ばされることを防ぐためにもカバーは取り外しておくことが無難です。


2・自転車を固定する
自転車を横倒しにした後は、ロックワイヤーやロープなどを使って自転車を固定しておきましょう。

自転車を横倒しにしておけば、台風の強風の影響をかなり無効化出来ますが、それは完全ではありません。

そのため、万が一を考え、庭の木やフェンスなどにロックワイヤーやロープなどを使って自転車を固定することをおすすめします。

また、自転車が複数台ある場合、自転車を固定するための庭の木やフェンスは別々のものを選んだ方が無難です。

これは、強風による負荷が一点に集中することを防ぐためですね。

ちなみに、固定するための木々やフェンスがない場合は、自転車にネットを被せた上で土のうやブロックでネットを固定する方法もあります。


3・車の中に自転車を収納する
折りたたみ自転車などのように自転車のサイズを変えられるものであれば、自動車の中へ収納するという方法もあります。

自動車のトランクや後部座席に自転車を一時的に避難させておくわけですね。

この方法を採用する場合は、自動車側に傷などが付かないように、自転車が接触する部分に新聞紙やダンボールなどを敷いておくと良いでしょう。


4・サイクルブロックを活用する
サイクルブロックとは、自転車を溝に入れて前輪を固定する自転車止めのことです。

製品にもよりますが、重量が30キロ前後ほどもありとても重いため、台風の強風でも自転車の転倒を防いでくれます。

また、自転車を複数台所有している場合は、自転車の整理整頓にも効果があるでしょう。

ちなみに、サイクルブロックは通販で購入して、配達員に設置箇所まで運んでもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

サイクルブロックを途中で落とすなどの事故を防ぐためですね。

Dex サイクルブロック 駐輪場向け自転車スタンド) (アイボリー)

台風に関するその他の情報

台風後の塩害で車への対処方法はこれがおすすめ!

台風で自転車が倒れて車に傷が付いた場合の対処方法はこれ!

子共乗せ電動アシスト自転車の台風対策はこの方法で!

台風時に自転車で通勤することは大丈夫なのか?

台風時の自転車の置き方でアパートやマンションの場合はこの方法で!

台風で自転車が破損した時に保険は使えるのか?

台風時の自転車の固定方法や置き方のおすすめはこれ!

台風時に自転車を家に入れられない時の対処方法はこれ!

台風時の自転車の転倒防止方法はこれ!必要な道具も紹介

台風の時の犬の散歩はどうすれば良いのか?トイレについても紹介

タワーマンションの台風対策で効果的な方法はこれ!

台風時のシャッターの騒音対策はこの方法で!バタつきを抑えるやり方を紹介

台風対策で家庭菜園へのおすすめの方法はこれ!

台風で屋根が飛ぶ原因はこれ!対策方法もくわしく紹介

猫が台風を怖いと感じる理由はこれ!対策方法も紹介

台風による塩害で植物が枯れないようにする方法はこれ!

台風でシャッターが壊れることを防ぐ対策方法はこれ!

まとめ

台風によって自転車が転倒して故障してしまうと、本当に最悪ですよね。

そのような事態を避けるために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加