赤ちゃんが外出する時の熱中症対策はこれ!具体的な方法をくわしく紹介

連日の猛暑により、熱中症への危険を訴えるニュースをよく目にします。

赤ちゃんがいるご家庭だと、赤ちゃんが熱中症になることが一番心配ですよね。

何らかの事情により外出しなければならなくなった時は、赤ちゃんへの熱中症対策をしっかりとした上で出かけたいところです。

しかし、外出時の赤ちゃんへの熱中症対策はどうすれば良いのか、よくわからないと思います。

そこで今回の記事では、赤ちゃんが外出する時の熱中症対策についてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんが外出する時の熱中症対策はこれ!

ベビーカーに乗せた赤ちゃんと一緒に外出する際は、熱中症を避けるためにきちんとした対策をしておきたいですよね。

また、外出する先で冷房の効いた建物に入るのであれば、それについても注意が必要になります。


1・こまめに水分補給させる
熱中症対策には、大人でもこまめな水分補給が推奨されています。

当然、赤ちゃんも同様ですが、大人と違い赤ちゃんは自分で意思表示が難しいため、お母さんが気をつけて上げる必要があります。

母乳・ミルク・ミネラル入り麦茶・乳幼児用経口補水液(イオン飲料)などを、こまめに少量ずつ飲ませてあげましょう。

また、赤ちゃんへのこまめな水分補給は大変ですが、一度に大量の水分を摂取させようとすると、嘔吐などの原因になることがあるので注意が必要です。


2・帽子や薄めの上着を用意する
赤ちゃんへの直射日光を避けるために、つばの広い帽子を用意しておくと良いでしょう。

ベビーカーの日除け機能があるのなら、それを使用するのでも問題ありません。

また、デパートなど冷房が効いている場所へ行くのであれば、赤ちゃんの身体が冷房で冷えすぎないように薄めの上着を用意しておきましょう。

赤ちゃんが建物に入る前に汗をかいた後で、冷房が効いている場所に入ると風邪の原因になることがあるからです。


3・紫外線対策をする
紫外線対策は、赤ちゃんの肌の露出を防ぐことが基本になります。

赤ちゃん用のUV素材で出来た薄手のパーカーやポンチョ、レッグウォーマーがあると非常に便利です。

また、赤ちゃんの足はベビーカーからはみ出してしまうことが多いので、日焼け止めクリームを塗ったりタオルをかけてあげると良いでしょう。


4・涼しい時間帯に外出する
いくら猛暑とは言え、常に気温が高いわけではありません。

気候にもよりますが、日中に気温が最も高くなる時間帯は、およそ午前11時から午後3時までになります。

そのため、赤ちゃんと一緒に外出する際はこの時間帯を避けるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

また、夏は日差しが非常に強く、アスファルトなどからの照り返しも強烈です。

赤ちゃんと外出する際はベビーカーを使うことが多いかと思いますが、このベビーカーに乗っている赤ちゃんは照り返しの直撃を受けることになります。

ベビーカーと地面との距離が近いことも熱を強く受けることに繋がります。

可能であれば、アスファルトでなく地面が露出している場所を移動したり、こまめに日陰などの涼しい場所で休憩をすることなどが、地面からの照り返しから赤ちゃんを守ることが出来ます。


5・保冷シートを使用する
上記にもあるように、上から照りつける日光以外も地面からの照り返しに注意をする必要があります。

そこで便利なのが保冷シートです。

赤ちゃんの背中に下着の上から保冷シートを着けてあげれば、照り返しによる熱を大幅に軽減します。

当然、照り返し以外から来る熱も緩和することも出来るでしょう。

ジェル状で柔らかい保冷シートであれば、赤ちゃんもストレスなく利用できるためおすすめです。

丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート マリンカラー (首が座る生後2~3ヶ月頃から対象) 夏・冬のお出かけ時に赤ちゃん快適!

熱中症に関するその他の情報

熱中症に関するその他の情報は、以下の記事にまとめています。

熱中症の応急処置のやり方はこれ!必要な道具などもくわしく紹介

熱中症で足がつる原因はこれ!対処方法や対策についてくわしく紹介

熱中症の水分補給をするタイミングはここ!量や飲み物の種類について紹介

熱中症の原因はこれ!症状にどんなものがあるのかもくわしく紹介

熱中症対策でエアコンの温度設定はこれ!湿度や寝るときの使い方も紹介

赤ちゃんの車の中での熱中症対策はこれ!具体的な方法をくわしく紹介

熱中症対策で赤ちゃんの場合はこれ!具体的なやり方もくわしく紹介

熱中症対策で睡眠中の子供の場合はこれ!具体的なやり方をくわしく紹介

熱中症で愛犬への対策方法はこれ!症状についてもくわしく紹介

まとめ

赤ちゃんと一緒に外出する際は熱中症を避けるために、しっかりとした準備をして出かけたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする