熱中症対策でエアコンの温度設定はこれ!湿度や寝るときの使い方も紹介

猛暑が続くと熱中症が心配になりますよね。

ニュースなどでも頻繁に熱中症への警戒が呼びかけられています。

そんな熱中症へは、エアコンを上手に使って対策をしておきたいところです。

しかし、エアコンの適切な温度設定がよくわからなくて悩むことがあります。

「28℃が良いと聞くけど、まだまだ家の中が暑い!」という方も少なくないのではないでしょうか?

また、温度ばかりに目が行きがちですが、熱中症対策には湿度も大いに関係してきます。

そこで今回の記事では、

  • 熱中症対策でエアコンの温度設定はこれ!
  • 熱中症対策におけるエアコン使用時の湿度について
  • 熱中症対策でエアコンの寝るときの使い方について

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

熱中症対策でエアコンの温度設定はこれ!

結論から言うと、熱中症対策でエアコンの温度設定は自宅や部屋の環境によって異なります。

例えば、エアコンの推奨設定温度は28℃だとよく見聞きしますが、これは絶対のものではありません。

西日がよく当たる部屋の場合、28℃ではまだ暑いということがあり得ますし、部屋の広さや材質や構造などでも大きく変わってきます。

そもそもエアコンの設定温度を28℃にしても、室内の温度が必ずしも28℃になるとは限りません。

エアコンによる電気代も気にはなりますが、まずは熱中症から命を守ることを優先した方が良いでしょう。

エアコンの設定温度を28℃で試してから、適宜調整を加えていくことが無難かと思います。


また、エアコン以外に部屋の温度を下げるものとの組み合わせも重要になります。

例えば、屋内用のサンシェードや窓に取り付けるすだれを利用したり、扇風機で部屋の空気を循環させたりするとより効果的になります。

サンシェードのような道具が無くても、カーテンやブラインドで日光をきちんと遮断するだけでも違います。

さらに、室内の空気を循環させるとより涼しくなります。

どういうことかと言うと、エアコンから出た冷たい風は時間経過とともに下のほうに降りてきます。

このままでは室内の温度が下がりにくくなってしまうので、空気を循環させて部屋全体を冷やす必要があります。

室内の空気を循環させる場合、お手軽なのは扇風機を使った方法です。

扇風機を使って部屋の空気を循環させる場合、足元に溜まっている冷たい空気を循環させたいので、扇風機を天井へ向けて回すと良いでしょう。

熱中症対策におけるエアコン使用時の湿度について

熱中症対策には室温だけでなく湿度も重要になります。

湿度が増減すると体感温度も大きく変わり、場合によっては4℃以上の差が生まれることもあります。

夏場によく「除湿すると涼しくなる」・「エアコンで除湿した方が涼しい」ということを耳にしますが、これはこのことを指しているわけですね。

スポンサーリンク

湿度の基準としては、室温が28℃であれば湿度は50%~60%が目安になります。

逆に湿度が70%以上ある場合は、熱中症になる危険性が大きく上がるため注意が必要です。

除湿機やエアコンの除湿機能を使って、室内の湿度を調整していきましょう。

また、室内の湿度が高い場合は室内の窓や扉を開けるなどして通気性を良くし、空気の換気をしてから除湿した方が良いでしょう。

ThermoProデジタル湿度計 温度計室内 最高最低温湿度表示 LCD大画面温湿度計 タッチスクリーンとバックライト機能あり 置き掛け両用タイプ マグネット付TP55

熱中症対策でエアコンの寝るときの使い方について

睡眠不足になると熱中症になりやすくなるため、熱中症対策では安眠が欠かせません。

エアコンを上手に使ってしっかりとした睡眠時間を確保したいところです。

そのために重要になるのは温度と湿度のバランスになります。

室温:28℃、湿度:50%~60%を目安にして調整をすると良いでしょう。

また、エアコンのタイマーを使って途中で運転を停止する場合は、睡眠中に暑さで目が覚めるということを避けるようにしましょう。

暑さで目が冷めてしまうとしっかりとした睡眠が出来なくなるため、エアコンを使いっぱなしにした方が良いことがあります。

ちなみに、寝苦しいからといってエアコンの冷風を直接身体へ当てるのはやめておくのが無難です。

身体が冷えすぎてしまいますし、最悪風邪をひいてしまうことも考えられます。

熱中症に関するその他の情報

熱中症に関するその他の情報は、以下の記事にまとめています。

熱中症の応急処置のやり方はこれ!必要な道具などもくわしく紹介

熱中症で足がつる原因はこれ!対処方法や対策についてくわしく紹介

熱中症の水分補給をするタイミングはここ!量や飲み物の種類について紹介

熱中症の原因はこれ!症状にどんなものがあるのかもくわしく紹介

赤ちゃんが外出する時の熱中症対策はこれ!具体的な方法をくわしく紹介

赤ちゃんの車の中での熱中症対策はこれ!具体的な方法をくわしく紹介

熱中症対策で赤ちゃんの場合はこれ!具体的なやり方もくわしく紹介

熱中症対策で睡眠中の子供の場合はこれ!具体的なやり方をくわしく紹介

熱中症で愛犬への対策方法はこれ!症状についてもくわしく紹介

まとめ

エアコンを上手に使って熱中症を防ぎたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク