こたつで猫が火傷する原因はこれ!対処方法もくわしく紹介

寒い季節になると「こたつ」が活躍しますよね。

そんなこたつに愛猫が潜り込むことがあります。

猫が温かいこたつでくつろぐのは珍しくない光景ですが、こたつにいる猫が火傷を負ってしまう危険があることをご存知でしょうか?

場合によっては重度の火傷にもなる可能性があるので、愛猫を守るためにも原因と対策をしっかりとしておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • こたつで猫が火傷する原因はこれ!
  • こたつで猫が火傷した時の対処方法とは?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

こたつで猫が火傷する原因はこれ!

こたつで猫が火傷をしてしまう場合、その多くは「低温火傷」と呼ばれる火傷です。

「低温火傷」とは、こたつや湯たんぽなどの低温の熱源(40℃~50℃程度)に長時間接触することで発生する火傷です。

通常の火傷は、熱を身体が感じた時点で身体を離すことが出来ますが、低温火傷の場合は痛みが伴わないことが多いため、気が付かない可能性があります。

そのため、重篤な症状になっているにも関わらず、自分で皮膚の異常に気が付かない危険があるわけですね。

しかも、猫は人間よりも熱に対して鈍感です。

猫の平熱は約38℃と人間よりも高く、また、皮膚が厚い上に体毛が生えていることから、熱に対して鈍いわけです。

とは言え、猫が熱に鈍いからといって低温火傷にならないということにはなりません。

こたつをはじめとした暖房器具を使用する時は、飼い主さんが猫に対して注意をして上げる必要があります。

猫の皮膚は体毛に隠れているため、少しばかり神経質にチェックしてあげるくらいで丁度良いかと思います。


また、猫が暖房器具にどの程度の時間接触していると低温火傷になるのか、大まかな目安を知っておくと対策を立てやすくなるかと思います。

目安としては、猫が「44℃の熱を放つ暖房器具に3~4時間」・「46℃の熱を放つ暖房器具に1時間」ほど接触していると、低温火傷になる可能性があります。

これらの数値を参考にして、愛猫がこたつで低温火傷を負う危険性を減らしてあげると良いでしょう。

こたつで猫が火傷した時の対処方法とは?

こたつで猫が火傷した場合、以下のような仕草や症状が現れます。

スポンサーリンク

このようなものを目撃した場合、飼い主さんは猫に異常が起きていることを疑った方が良いでしょう。

1・身体の一部分を舐め続ける

2・患部を触ると痛がる

3・体毛が焦げた臭いがする

4・皮膚に赤みが見える

5・皮膚に水ぶくれが出来ている

6・皮膚がむけている

7・皮がむけて皮下の筋肉が露出している

以上になります。

基本的に、番号が大きくなるほど症状が重篤となっています。

そのため、猫にこういった症状が現れている場合は、まず応急処置をして上げる必要があります。

猫への応急処置のやり方は、基本的に人間と変わりません。

火傷が生じている部分を氷水で冷やして炎症の激化を防ぎます。

もしも、水ぶくれなどのように皮膚に重度の火傷がある場合は、ガーゼや脱脂綿を冷水で濡らしてそっと患部に当ててあげましょう。

その後は急いで動物病院へ行き、獣医さんに猫を診てもらいましょう。

皮膚組織の火傷が重度である場合、そこから雑菌など入り感染症を引き起こす危険性がありますしね。

また、動物病院を受診後は、獣医さんと今後の対応についてよく話し合っておきましょう。

こたつで猫が火傷をした場合、再発を防止するためにも、しっかりとした相談をここでしておくべきかと思います。

動物病院で猫用の薬を出された場合、それの使い方も同様です。

こたつに関するその他の情報

こたつに関するその他の情報は、以下の記事にまとめています。

こたつの臭いが使い始めの時に酷い原因はこれ!対処方法もくわしく紹介

こたつの結露を防ぐ方法はこれ!フローリングの場合のやり方も紹介

こたつを捨てるときの処分方法はこれ!注意すべき点などもくわしく紹介

こたつを掃除しやすい方法はこれ!ヒーター部分のやり方についても紹介

こたつによる火災の原因はこれ!防止方法もくわしく紹介

こたつで発生する火傷の原因はこれ!対処方法もくわしく紹介

こたつで寝ると風邪を引く原因はこれ!対策方法もくわしく紹介

子供がいる家庭でこたつを安全に使うために注意すべきことはこれ!

まとめ

こたつで猫が火傷をしてしまうと、本当に不安になりますよね。

そんな状態を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする