こたつを捨てるときの処分方法はこれ!注意すべき点などもくわしく紹介

寒い冬に欠かせないのがこたつですよね。

多くの日本人にとっては重要な家電製品の1つだと言えるでしょう。

そんなこたつですが、故障やケーブルの破損などが原因で捨てなければならい時があります。

そこで問題になるのが、こたつを捨てる際の処分方法です。

こたつは家庭ゴミのように日常的に処分するわけではないので、困ってしまいますよね。

そこで今回の記事では、こたつを捨てるときの処分方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

こたつを捨てるときの処分方法はこれ!

こたつは基本的に「粗大ゴミ」として扱われます。

こたつを構成するパーツには、こたつ布団・天板・テーブルなどの種類がありますが、これらはすべて「粗大ゴミ」という認識で良いでしょう。

一応、天板やテーブルなどをノコギリで細く切断したり、分解して小さくすれば普通ゴミとして捨てることが出来るかもしれません。

とは言え、こたつを小さくする作業は中々大変です。

作業の手間暇を考えると、やはりそのままこたつを捨てる方が楽ですよね。

そこで、こたつをそのまま捨てられる方法をまとめてみました。


1・粗大ゴミとして捨てる
こたつを粗大ゴミとして捨てる場合、パーツごとのゴミ区分を確認するようにしましょう。

例えば、こたつ布団とテーブルをまとめて捨てられるのであれば、粗大ゴミ処理券などは1つで大丈夫です。

しかし、この2つが別々のものとして扱われるのであれば、粗大ゴミ処理券などが2つ以上必要になります。

これらは自治体によって違うので、処理時に不都合が発生しないためにも忘れずにチェックしておきましょう。

もしも、よくわからないことや不安なことがあれば、自治体に連絡して相談するのも手です。

そして、こたつを粗大ゴミとして捨てる手順としては、

1:粗大ゴミの申請をする(電話などで可能。自治体によってはする必要がない場合も)
2:粗大ゴミ処理券を購入する(金額は自治体によって様々)
3:ゴミの区分ごとにこたつのパーツを分解・分別する(不要な場合もある)
4:粗大ゴミ処理券がシールなどであれば、こたつに貼っておく
5:粗大ゴミの回収日にこたつをゴミ置き場へ運ぶ

以上になります。

また、こたつを粗大ゴミとして捨てる場合は、こたつを運ぶ方法もしっかりと考えておきましょう。

小さいこたつなら一人で運べるでしょうが、こたつが大きいものであれば2~3人程度の人手が必要になります。

こたつを一人で運べないのであれば、家族の方に協力してもらうか、別の方法を選択するなどを考慮した方が良いでしょう。


2・こたつを不用品回収業者に依頼する
こたつを捨てる方法の1つに不用品回収業者に依頼するというものがあります。

こたつの運搬や分解などをせずに済むため、一人暮らしの場合などは便利でしょう。

スポンサーリンク

多くの場合、業者のホームページなどに記載されている電話連絡だけで依頼をすることが出来ます。

ただし、かかる費用は業者によって様々であるため、業者選びは時間をかけて慎重に行うべきでしょう。

場合によっては、正規の廃棄方法よりも高額になってしまうこともあり得ますからね。


3・こたつの販売業者に下取りをしてもらう
新しいこたつを購入することが条件となりますが、こたつの販売業者に古いこたつを下取りをしてもらう方法があります。

ただ、すべての販売業者が下取りをしているわけではなく、下取りを行っていたとしても、サービス内容に差が生じる可能性が高いです。

例えば、無料で下取りをしてくれるお店もあれば、お金を別途支払う必要があるお店もあるというわけですね。

あるいは、そもそも下取りをしていないことも考えられます。

そのため、販売業者にこたつの下取りをして欲しい場合は、あらかじめしっかりと相談・確認をしておくのが無難です。


4・リサイクルショップを利用する
こたつをリサイクルショップに買い取ってもらい処分する方法です。

リサイクルショップには大きく分けて「出張買取・持込買取・宅配買取」の3つのパターンがあります。

出張買取と持込買取はわかりやすいですね。

業者が自宅まで来てくれるタイプとこたつを業者のお店まで持って行くタイプです。

では、宅配買取とはどんなものかというと、ダンボールなどに商品を包んでお店に送り、査定してもらうタイプになります。

こたつは大きいので、人によってはこの方法は難しいかもしれません。

ちなみに、買取方法やお店によっては出張料などを請求される可能性があるので、事前に確認しておくとトラブルが減ります。

また、持込買取の場合は必ず事前に「こたつの買取が可能なのか? 無理な場合は引き取ってもらえるのか?」を確認しておきましょう。

こたつをお店まで運んで査定してもらっても、買取を断られた場合はこたつを持ち帰らなければならなくなります。

こたつに関するその他の情報

こたつに関するその他の情報は、以下の記事にまとめています。

こたつの臭いが使い始めの時に酷い原因はこれ!対処方法もくわしく紹介

こたつの結露を防ぐ方法はこれ!フローリングの場合のやり方も紹介

こたつを掃除しやすい方法はこれ!ヒーター部分のやり方についても紹介

こたつによる火災の原因はこれ!防止方法もくわしく紹介

こたつで発生する火傷の原因はこれ!対処方法もくわしく紹介

こたつで猫が火傷する原因はこれ!対処方法もくわしく紹介

こたつで寝ると風邪を引く原因はこれ!対策方法もくわしく紹介

子供がいる家庭でこたつを安全に使うために注意すべきことはこれ!

まとめ

こたつを捨てる際はトラブルが無いよう、スムーズに処理したいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク