入学式が寒い時の服装で防寒対策に効果的なものはこれ!

小学校の入学式と言えば、子供にとっても親にとっても大きなイベントですよね。

ただ、入学式が行われる4月は春なので、暖かいと思いきや意外と寒かったりします。

その寒さの中で、入学式の時間中震えて過ごすのは本当に辛いですよね。

そこで今回の記事では、入学式が寒い時の服装で防寒対策に効果的なものについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

入学式が寒い時の服装で防寒対策に効果的なものはこれ!

1・コート
入学式の服装はフォーマルな場に合うものが選ばれるかと思います。

例えば、ジャケットやワンピースなどですね。

これらの服装の上から着ることが可能で、フォーマルな場面にも着ていけるコートを1枚持っていると寒さ対策に非常に効果的です。

入学式に着るコートは、無難なトレンチコートや少し洒落たステンカラーコートがおすすめです。

こういったコートには流行などはないため、長期間に渡り使用できるのも素晴らしいです。

また、入学式の会場内が暖房などで暖かくなっていることがあります。

椅子に座っている状態で暑い場合でも、コートなら温度調節が簡単なのも良いポイントですね

ちなみに、コートの長さは女性の身長の平気が156cm~158cmぐらいなので、これに合わせてミドル丈(約90cm)の長さが幅広く活用できておすすめです。


2・インナー
インナーと言えばヒートテックがおすすめです。

値段も安く、色展開もあって衿元の形も着やすい形であり、さらに厚さがないのでスーツなどを着てもごわつきにくいのでおすすめです。

また、服装にもよりますが、ヒートテックのインナーを2枚重ねにする方法もあります。

その場合、自分に適したサイズよりもワンサイズ上のインナーを2枚めに着るようにしましょう。

スポンサーリンク

動きにくくなったり、2枚着に適さない服装でなければ、インナーの2枚重ねは防寒対策に非常に効果的です。


3・パンツを活用する
基本的に、入学式でのタイツは「フォーマルなシーンに活用すべきではない」とマナーの観点から言われています。

そこでパンツを活用する防寒対策があります。

パンツであれば、レギンスやタイツを中に着てごまかすことが可能だからです。

パンツとお揃いのジャケットと合わせてスーツを着れば、防寒対策をしながらフォーマルな場に合う服装に仕上げることが出来ます。

また、入学式以外にも友人知人の結婚式や同窓会などにも使用できるので、この機会に試してみると良いでしょう。


4・座布団を使用する
服装ではありませんが、腰回りを冷やさないためには座布団を使用することが効果的です。

座布団は、コンパクトに折りたたむことができるタイプのものがあるため、入学式のような場所でも「ささっと」用意をすることが出来ます。

また、座布団の材質にもよりますが、カイロを座布団に貼り付けることも有効な防寒対策となります。

コジット ゲル携帯クッション ネイビー


5・カイロを使用する
背中や脚といった、冷える箇所にカイロを貼っておくと防寒対策になります。

上半身にカイロを貼る場合は、なるべく複数のカイロを貼ると効果的です。

ただ、冷えやすい箇所は人によって様々なので、「自分でも思いもしない場所が冷えた」といったことが起きる可能性があります。

そのため、予備のカイロを持っていくことをおすすめします。

まとめ

入学式は子どもにとってもご両親にとっても大きなイベントですよね。

そんな入学式で寒い思いをせずにすむように、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする