ゴキブリの駆除におすすめの品を紹介!

4月に入ると台所で黒いアイツを見る機会が増えてきます。

そう、ゴキブリです!

一匹いたら数十匹いると言われていますが、恐ろしいことにまさにその通りです。

衛生的にも精神的にも早急な駆除が必要になりますよね。

しかし、ゴキブリを駆除するための製品は様々な種類があり、どれにすべきか悩むと思います。

製品を実際に使う側としては、「簡単に」「短時間で効果がある」ものが望ましいです。

そこで今回の記事では、ゴキブリの駆除におすすめの品を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

ゴキブリの駆除におすすめの品を紹介!

ゴキブリを駆除するための製品は様々な種類があります。

その中でも、状況に応じておすすめの品をご紹介させていただきます。

バルサン

おそらく知らない人がいないほどに有名なゴキブリ駆除の製品です。

フタを取ってこすると、凄まじい拡散力で殺虫成分のある煙が部屋の隅々まで運ばれ、隠れたゴキブリを一掃します。

活動中のゴキブリを駆除することが目的であるなら高い効果が期待できますので、今すぐにゴキブリを大量に駆除したい方におすすめです。

また、ダニやハエなどの害虫も一緒に駆除してくれるのも利点であると言えるでしょう。


ただし、バルサンにはいくつか注意すべき点があります。
「駆除を行う室内を密閉して煙が外へ逃げないようにすること」、「室内にある火災警報器などへの対処」、「ゴキブリの卵は殺せないこと」の3つです。


まず、「駆除を行う室内を密閉して煙が外へ逃げないようにすること」ですが、殺虫成分のある煙を充満させることでゴキブリを駆除するという性質上、部屋の隙間を全て塞ぐ必要があります。

また、各部屋を日ごとに駆除していくと、ゴキブリが煙から逃げるために部屋から部屋へ引っ越しを繰り返し、結果的に駆除できないという事態に陥ることがあります。

そのため、一度で全ての部屋を密閉することが重要になり、これが本当に重労働になってしまいます。


次に「室内にある火災警報器などへの対処」ですが、これは部屋に設置されている火災警報器の種類によっては、バルサンの煙が火災と誤認されてしまうことがあります。

そのため、事前に使用するバルサンの種類と、部屋に設置されている火災警報器の種類を調べておく必要が出てきます。

火災警報器の種類が「熱式警報器」ならば問題はありませんが、「煙式警報器」と「ガス警報器」の場合は誤認の可能性があります。


最後に、卵の状態のゴキブリには効果がないことです。

幼虫や成虫には殺虫効果が期待できるのですが、残念ながらゴキブリの卵は駆除することが出来ません。

よって、ゴキブリの数が大幅に減っても時間が経過すれば、また増えることがあります。

他の製品と組み合わせたり、計画的かつ継続的に駆除を行うようにしておくと良いでしょう。


バルサンの公式サイトはこちら。
ゴキブリ退治、駆除、対策ならバルサン

ゴキブリ超凍止ジェット 除菌プラス

こちらはバルサンとは違い、今目の前にいるゴキブリを駆除することに役に立つ品になります。

噴射する冷却ガスの効果により、ゴキブリの足を凍らせて動きを鈍らせたところを追い打ちでとどめを刺すという製品です。

筆者も自宅で使用していますが、目の前のゴキブリを駆除する力はかなりのものがあります。

ゴキブリの駆除が大変なのは動きが素早いという点が理由の1つなので、その問題を解決できるこの製品はとても助かります。

使用することに労力を割かなくても良いのも特徴と言えます。

また、冷却ガスを吹き付けた場所がベトベトしないのも良い点で、室内でも安心して使用することが出来ます。

ゴキブリ超凍止ジェット 除菌プラスの紹介ページはこちら。
ゴキブリ超凍止ジェット 除菌プラス

ブラックキャップ

これも有名なゴキブリ駆除製品ですよね。

設置型の毒餌で、毒餌を食べた一匹から連鎖して家の中のゴキブリを駆除していきます。

スポンサーリンク

ゴキブリは自分の糞や仲間の死骸も食べてしまうので、毒餌を食べて死んだゴキブリを食べた他の個体も駆除できるというわけです。

また、バルサンとは違い卵にも効果が期待できる点が大きな特徴です。

一度連鎖してしまえば卵から幼虫、成虫というように全ての段階のゴキブリに効果が期待できるので非常に強力です。

毒餌を設置する手間も大してかからないのも素晴らしいですね。


注意点としては、一般的にゴキブリは殺虫剤に対して耐性が出来ることが言われています。

何年も同じ製品を使い続けていると、徐々に効き目が悪くなってしまうということが起きる可能性があります。

そのため、効き目が悪いと感じたら別の製品と交換してみると良いでしょう。

ブラックキャップの紹介ページはこちら。
アース製薬・ブラックキャップ紹介ページ

フマキラーホウ酸ダンゴ 元祖半なま 18個入

先に紹介したブラックキャップはゴキブリの神経系にダメージを与える毒餌ですが、ホウ酸団子はゴキブリの生存に必要な水を絶ち脱水症状にしてしまう効果があります。

ゴキブリは水だけで数ヶ月生存可能な害虫ですが、逆に言えば水がなければまったく生きることが出来ません。

ホウ酸団子はこの弱点を突くことでゴキブリを駆除するわけですね。

また、製品の効果が長期間(場合によっては1年もの間効くことも)に渡り発揮されることや、製品の値段がかなり安いことも特徴です。


フマキラーホウ酸ダンゴ 元祖半なま 18個入の紹介ページはこちら。
フマキラーホウ酸ダンゴ 元祖半なま 18個入

結局、どれが良いのか?

ゴキブリを駆除する製品をご紹介させていただきましたが、どの製品にも長所と短所があります。

そのため、どの製品が自分の環境に合っているかを考え、また複数の製品を組み合わせるとより効果が期待できます。

筆者としては、「ゴキブリ超凍止ジェット 除菌プラス」+「ブラックキャップ」or「フマキラーホウ酸ダンゴ 元祖半なま 18個入」の組み合わせがおすすめです。

目の前に現れたゴキブリにはゴキブリ超凍止ジェット 除菌プラスを使用し、隠れて手が出せないゴキブリには毒餌のローテーションで対応する構えです。

ちなみに、あらかじめ大量のゴキブリがいることがわかっている場合は、しっかりと準備した上でバルサンで一掃した方が良いでしょう。

ゴキブリに関するその他の情報

ゴキブリに関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

ゴキブリの子供が出た時の対策方法はこれ!大量発生させないやり方も紹介

ゴキブリが大量発生する原因はこれ!駆除方法についてもくわしく紹介

ゴキブリが天井から動かない場合の駆除方法はこれ!必要な道具も紹介

自動車の中のゴキブリを退治する方法はこれ!対策や必要な道具について紹介

ゴキブリを洗濯物と一緒に洗濯しちゃった時の対処方法はこれ!必要な道具も紹介

ゴキブリ対策で家の中で出来る方法はこれ!具体的なやり方をくわしく紹介

ゴキブリのフンの掃除方法はこれ!シミや臭いの取り方もくわしく紹介

ゴキブリが洗濯機の中から現れることへの対策や中に入ってしまった場合について

ゴキブリがエアコンから出てくることや侵入経路とその対策について

ゴキブリを駆除するのに掃除機は適さないことや吸ったあとの処置とストッキング活用法

ゴキブリ対策には掃除と湿気対策が一番!

ゴキブリが消えたり見失った時の対処方法はこれ!必要な道具も紹介

まとめ

ゴキブリは本当に嫌な害虫ですよね。

放置すればするほど劇的に増加するしてしまうこともうんざりします。

快適な生活をおくるためにも、しっかりとしたゴキブリの駆除が必要だと思います。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加