ノロウイルスが付着した衣類を普通に洗濯してしまった時の対処方法はこれ!

「ノロウイルス」に感染した時に気になるのが洗濯物です。

特に、嘔吐物などが付着した洗濯物をどうやって処理すべきなのか、悩んでしまいますよね。

そんな時に「ノロウイルスが付着した洗濯物をそのまま洗ってしまった!?」というケースがあります。

ノロウイルスは感染力の強いウイルスであるため、しっかりと処理をして健康を守りたいところです。

そこで今回の記事では、ノロウイルスが付着した衣類を普通に洗濯してしまった時の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ノロウイルスが付着した衣類を普通に洗濯してしまった時の対処方法はこれ!

ノロウイルスが付着した衣類を普通に洗濯してしまった場合、洗濯機の洗濯槽を消毒してノロウイルスを駆逐する必要があります。

当然ですが、洗濯槽の消毒作業は他の衣類を洗う前に行うようにしましょう。

洗濯槽の消毒方法は簡単で、以下のような方法で大丈夫です。

1・洗濯槽いっぱいに水をためる
2・塩素系漂白剤を入れる
3・10分ほど放置し、その後洗濯機をまわす
4・排水する

以上です。

塩素系漂白剤は、水10Lに対して50mlくらいの量が適量です。

注意点としては、洗濯槽に塩素系漂白剤を入れた後、長時間放置し過ぎると洗濯機の金属部分を傷めてしまう可能性があることです。

洗濯機そのものが故障してしまっては本末転倒なので、10分ほどを目安として排水をしましょう。

また、4番目の手順以降で洗濯をすぐ行わないのであれば、5番目の手順として洗濯槽に水を入れて、残った塩素系漂白剤を洗い流すと良いでしょう。

これで洗濯機が故障することを防ぐことが出来ます。

ノロウイルスが付着した衣類の洗い方

上記にもあるように、ノロウイルスが付着したままの衣類は洗濯機ではすぐ洗うことが出来ません。

そのため、塩素系漂白剤を使用して下洗いをするようにしましょう。

ノロウイルスが付着したままの衣類の下洗いは、以下のような方法で行うようにしましょう。

1・ビニール手袋、マスク、エプロンを着用して身を守る

2・洗面桶に水と塩素系漂白剤を入れる

3・衣類についた嘔吐物をキッチンペーパーなどで拭き取る

4・汚物を拭い取ったキッチンペーパーは、ゴミ袋に入れて塩素系漂白剤をかけておく

5・汚物が入ったゴミ袋は口を結んで密閉しておく

6・衣類を2番目で用意した塩素系漂白剤に中に30分ほどつける

7・ビニール手袋やエプロンを袋に入れてゴミ密閉して捨てる

8・手洗いやうがいをしっかりと行う

以上です。

下洗いが終わった洗濯物は、通常通り洗濯機で洗えば大丈夫です。

洗濯物はよく日光に当て、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

また、塩素系漂白剤を使用することで衣類が脱色を起こす可能性があります。

衣類の材質にもよりますが、その場合は熱湯で殺菌し高温乾燥をするという方法もあります。

【業務用 衣料用塩素系漂白剤】ハイターE 5kg(花王プロフェッショナルシリーズ)

ノロウイルスに関するその他の情報

ノロウイルスが服に付着した時の消毒方法はこれ!色落ち防ぐやり方も紹介

スポンサーリンク

ノロウイルスが付着した衣類を普通に洗濯してしまった時の対処方法はこれ!

ノロウイルスの時の水分補給方法はこのやり方で!吐く場合の対処方法も紹介

ノロウイルスの流行時期はいつからなのか?感染予防方法も紹介

ノロウイルスにアルコール消毒は効果があるのか?

ノロウイルス感染の原因となる食べ物はこれ!予防方法も紹介

ノロウイルスはペットに感染するのか?ペットを守る方法はこれ!

ノロウイルスを家族に感染させない対策方法はこれ!

ノロウイルスに感染したら学校を何日欠席すれば良いのか?いつから登校出来るのかも紹介

ノロウイルスが飲食店スタッフに感染したらどの程度の期間休むのか?

ノロウイルス感染後いつから仕事に復帰できるのか?診断書が必要なのかも紹介

ノロウイルスの症状で大人の場合はこれ!何日続くのかもくわしく紹介

ノロウイルスの時の嘔吐物が布団に付いた場合の処理方法とは?くわしく紹介

ノロウイルスの際の嘔吐物の処理方法とは?安全なやり方をくわしく紹介

ノロウイルスと胃腸炎の違いって何?具体的な症状などもくわしく紹介

ノロウイルスの予防対策や消毒を効果的に行うにはどうするのかを紹介

ノロウイルスの時の入浴はいつから?感染についてやお風呂掃除の注意点

ノロウイルスの時の食事で子供の場合はこれ!固形物や看病する際の注意点

ノロウイルスの症状は子供の場合はどんなものがある?治療や看病する際の注意点

ノロウイルスとは何か?症状の特徴や感染経路を説明

まとめ

ノロウイルス感染者の嘔吐物などが衣類に付着した場合は、他のご家族への感染を防ぐためにもしっかりとした対処を行いたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク