ノロウイルスの症状で大人の場合はこれ!何日続くのかもくわしく紹介

肌寒い季節になると心配になるのがノロウイルスです。

現代医療において、ノロウイルスに対してはワクチンや抗ウイルス薬などが存在しないため、特に注意が必要になります。

そんなノロウイルスですが、自分が感染した可能性がある時に、具体的な症状がわからないと困ってしまいますよね。

ノロウイルスは強力な感染力をもっているため、無自覚にウイルスをばら撒くことは避けたいところです。

また、ノロウイルスに感染してしまった場合、その症状が何日続くのかも気になります。

そこで今回の記事では、

  • ノロウイルスの症状で大人の場合はこれ!
  • ノロウイルスの症状は何日続くのか?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ノロウイルスの症状で大人の場合はこれ!

1・嘔吐、吐き気
ノロウイルスの症状の特徴の1つとして挙げられるのが「嘔吐」です。

感染初期の段階から症状が現れ、以後、発症中はずっと続きます。

ノロウイルスによる嘔吐は、非常に突発的に症状が現れるため、トイレや洗面台などへ行く余裕もないままに吐いてしまうことがあります。

また、その頻度も非常に高く、1日の間に数回から10回以上にもなることがあります。

嘔吐物には胆汁(緑色)や腸の中のものが混じることもあり、嘔吐する頻度なども加味すれば、異常な状態であることが明確だと言えるでしょう。

そして、後述する下痢にも同じことが言えますが、ノロウイルスを疾患した患者の嘔吐物には、大量のノロウイルスが含まれていることに注意しておく必要があります。

嘔吐物が付着した部分を消毒しなかったり、マスクやビニール手袋などを着用せず、不用意に後処理をした際に感染する危険があります。

家族内でノロウイルスに感染した人が現れると、他の人にも感染しやすいのはこの特徴のためですね。


2・下痢
嘔吐と同様に感染初期の段階から症状が現れ、発症中はずっと続きます。

こちらも高頻度で症状が現れ、1日中トイレから離れられないなどということが珍しくありません。

ノロウイルスによる下痢の場合、下痢そのものがほぼ水や米のとぎ汁のような状態で排出されることが特徴です。

明らかに通常の下痢とは異なるので、ノロウイルスに疾患したかどうかを判別するポイントになるでしょう。

また、下痢には嘔吐物と同様に、大量のノロウイルスが含まれています。

そのため、下痢の飛沫などから他の人へ感染する危険性があることに注意しておきましょう。


ちなみに、ノロウイルスによる下痢の症状は酷いものですが、無理に下痢を止めることはやめておきましょう。

スポンサーリンク

というのも、体内にあるノロウイルスを排出しようとする動きが下痢となって現れているため、これを薬などを使って抑制してしまうと体内からノロウイルスを出すことが出来なくなってしまうからですね。


3・腹痛
ノロウイルスによる症状では腹痛も特徴的な症状として挙げられます。

大人の場合は上腹部の痛みや腹部膨満感などの症状が現れ、下痢の症状と同じ期間苦しめられます。


4・発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、倦怠感
これらの症状は風邪のものと似ていますが、どれも症状が軽度であることが多いです。

例えば、発熱の場合は約37℃~38℃程度になるでしょう。

そのため、これらの症状だけでは「ノロウイルスに感染したのでは?」という疑問をもつことは難しいと思います。

上記にある、嘔吐や下痢などの特徴と合わせて「いつもと身体の調子がおかしい……」と感じたら、早めに病院へ行き、医師による診察を受けるようにしましょう。

ノロウイルスの症状は何日続くのか?

前章で紹介したノロウイルスの症状は、「2日~3日程度」で治まります。

しかし、ノロウイルスによる症状が収まったからと言って、疾患者の身体からノロウイルスが消え失せるわけではありません。

というのも、ノロウイルスは症状が改善した後でも、1週間以上に渡りウイルスが体内で生き残っているからです。

人によっては3週間近くノロウイルスが生存することもあるので、油断すると他の人への2次感染が起こる可能性があります。

そのため、ノロウイルスに対する予防策が必要になるわけですね。

ノロウイルスの予防対策や消毒についての情報は、以下の記事に情報をまとめています。

ノロウイルスの予防対策や消毒を効果的に行うにはどうするのかを紹介

ノロウイルスに関するその他の情報

ノロウイルスに関するその他の情報については、以下の記事に情報をまとめています。

ノロウイルスの時の嘔吐物が布団に付いた場合の処理方法とは?くわしく紹介

ノロウイルスの際の嘔吐物の処理方法とは?安全なやり方をくわしく紹介

ノロウイルスと胃腸炎の違いって何?具体的な症状などもくわしく紹介

ノロウイルスの時の入浴はいつから?感染についてやお風呂掃除の注意点

ノロウイルスの時の食事で子供の場合はこれ!固形物や看病する際の注意点

ノロウイルスとは何か?症状の特徴や感染経路を説明

ノロウイルス感染後いつから仕事に復帰できるのか?診断書が必要なのかも紹介

まとめ

ノロウイルスは本当に恐ろしいですよね。

だからこそ、どんな症状が現れるのかをあらかじめ知っておき、冷静に対処したいものです。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加