windows10のcpuの温度を調べる方法はこれ!適正温度についても紹介

windows10のパソコンでたくさんの作業をしているとcpuの温度が高音になることがあります。

当然ですが、このような高温が続くとパソコンへのダメージが懸念されます。

しかし、現在のパソコンの温度を調べる方法がないとどうしようもありませんよね。

また、windows10のcpuの適正温度はどの程度なのかも知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • windows10のcpuの温度を調べる方法はこれ!
  • windows10のcpuの適正温度とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

windows10のcpuの温度を調べる方法はこれ!

多くの方にとって「パソコンのcpuの温度」は縁遠いものかと思います。

普段パソコンを使う際には気にもしない場合がほとんどですからね。

そのため、まずはwindows10のパソコンのcpuの温度を調べる方法をお伝えさせていただきます。

パソコンのcpuの温度を調べるためには、「Speccy」と呼ばれるフリーソフトを使えば簡単に確認することが出来ます。

「Speccy」は、cpuの温度のほか、メモリ・マザーボード・ビデオカード・ハードドライブ・光学ドライブ・オーディオ・パソコン周辺機器・ネットワークなどの情報を確認することが出来るため、これらの用途を目的として使うことも出来る便利なフリーソフトです。

「Speccy」は以下のサイトからダウンロードすることが出来ます。

窓の社:「Speccy」

インストールした「Speccy」を起動すると、すぐにcpuの温度が確認できます。

また、言語をオプションで日本語に変更できるので、英語が苦手という方にもおすすめですね。

windows10のcpuの適正温度とは?

前章でインストールした「Speccy」を使ってcpuの温度を確認できるようになった後は、その温度と本来の適正温度を比較してみましょう。

スポンサーリンク

パソコンのcpuの適正温度は、一般的に「40~80℃」の間であれば適正だと言われています。

具体的には、

1・低負荷時:40~50℃
2・中負荷時:50~60℃
3・高負荷時:60~70℃

以上です。

ちなみに、最近のcpuであれば80℃まで温度が上がることは稀です。

逆に言えば、cpuの温度が80℃以上になることが常態化していると、何らかの異常が生じていると言えるでしょう。


また、パソコンのcpuが高熱になる原因の多くは「ホコリ」です。

パソコンのcpu冷却に使われているクーラーにホコリが大量に付着していると、cpuへの冷却効果が落ちてしまい熱暴走の原因となることがあります。

大量のホコリは静電気発生の原因にもなるので、パソコンを長持ちさせるためにも定期的に掃除をしてあげましょう。

あるいは、クーラーそのものが故障して上手く動作していないことも考えられます。

その場合は、故障したクーラーを新しいものと交換するようにしましょう。

「ホコリ」以外だと、パソコンを使用している場所が原因であることがあります。

例えば、直射日光がパソコンに当たっていたり、太陽光がよく当たる西側の部屋だったりなどですね。

そういった時は、パソコンを別の部屋へ移すなど環境を変えるようにしてあげましょう。

ちなみに、cpuの温度はソフトウェアなどで下げることが難しいです。

一応、常駐しているソフトウェアやcpu使用率が高いソフトウェアを終了させたり、アンインストールすることで、cpuへの負担を減らし熱を下げることが出来ます。

ただ、こういった方法での解決は難しいことが多いので、まずはパソコンの掃除などを試みると良いでしょう。

パソコンの掃除に関しては、以下の記事に情報をまとめています。

パソコンの掃除の仕方を詳しく説明!その頻度についても紹介

まとめ

パソコンを長く使うためにも、cpuの熱暴走は未然に防ぎたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする