windows10のフォルダをwindows7風にする方法はこれ!

windows10になるとユーザーインタフェース(UI)が大きく変わるため、「新しい環境に慣れない」という人も少なくないでしょう。

その中の1つにフォルダが挙げられます。

windows10になるとwindows7の時代のものから大きく仕様が変わるため、「ささっと出来ていた設定が一手間かかるようになった」ということも珍しくありません。

何とかしてwindows7の時代の頃に戻したいですが、具体的な方法がわからず悩んでしまいますよね。

そこで今回の記事では、windows10のフォルダをwindows7風にする方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

windows10のフォルダをwindows7風にする方法はこれ!

windows10のフォルダをwindows7風にする方法で、最も簡単なものは「OldNewExplorer」というソフトを使う方法になります。

このOldNewExplorerをパソコンにインストールして各種設定を行うだけで、windows10のフォルダをwindows7風に戻すことが出来るようになります。

また、OldNewExplorerは日本語化ファイルが公開されていることもあり、英語が苦手な方でも設定が行いやすいのもポイントですね。

そして、OldNewExplorerを導入する具体的な方法は、以下のようになります。


1・OldNewExplorerと日本語化ファイルをダウンロードする
まずはOldNewExplorer本体と日本語化ファイルをダウンロードしましょう。

以下のリンクから繋がるページにファイルが存在するので、デスクトップなどにダウンロードしておきましょう。

ちなみに、「OldNewExplorer」の日本語化ファイルをダウンロードする場合、ページ右上にある下矢印のアイコンのダウンロードをクリックすれば大丈夫です。

「OldNewExplorer」の実行ファイル

「OldNewExplorer」の日本語化ファイル


2・ダウンロードしたファイルを解凍する
先程ダウンロードした「OldNewExplorer」の実行ファイルと「OldNewExplorer」の日本語化ファイルは圧縮されているため、ファイルを解凍しておきましょう。

もしも、ファイルが解凍できない場合は、「7-Zip」などの圧縮・展開/圧縮・解凍ソフトをダウンロードし、パソコンにインストールしておきましょう。

7-Zipは以下のページからダウンロードすることが可能です。

圧縮・解凍ソフト 7-Zip

スポンサーリンク

ちなみに、7-Zipには32ビット版と64ビット版がありますが、これは使用してるパソコンのビット数に合わせておけば大丈夫です。

パソコンのビット数を確認する方法は、以下のようになります。

1・「windowsキー(windowsロゴのキー) + I」のショートカットキーで、「windowsの設定」画面を開く

2・表示された左側の項目の中にある「バージョン情報」をクリック

3・表示された項目の中にある「システムの種類」にビット数が表示されている



3・OldNewExplorerを日本語化する
OldNewExplorerはそのままだと機能説明欄などの文章が英語の状態です。

扱いにくいかと思いますので、解凍した日本語化ファイルのフォルダにある「OldNewExplorer_日本語化パッチ.EXE」を使って日本語化しておきましょう。

OldNewExplorerを日本語化する方法は簡単で、以下のようになります。

1・解凍した日本語化ファイルのフォルダにある「OldNewExplorer_日本語化パッチ.EXE」を、「OldNewExplorer」の実行ファイルがあるフォルダにコピーする

2・「OldNewExplorer_日本語化パッチ.EXE」というファイルを右クリックしてから、「管理者として実行」をクリック

3・「OldNewExplorer」の実行ファイルがあるフォルダから、「OldNewExplorerCfg.exe」というファイルをクリックして実行

4・OldNewExplorerの日本語化が完了!



4・OldNewExplorerを使用する
OldNewExplorerの日本語化が完了したら、いよいよOldNewExplorerを使っていきます。

まず、「OldNewExplorer」のフォルダにある「OldNewExplorerCfg.exe」というファイルを右クリックして、表示されるメニュー内にある「管理者として実行」をクリックしてください。

起動したOldNewExplorerの項目にある「インストール」ボタンをクリックして、その後でウインドウ下部の「終了」ボタンをクリックしましょう。

これで「Windows OS」に「OldNewExplorer」の構成ファイルを適用することが完了しました。


次に、OldNewExplorerの各種設定を行うため、先程と同じ手順でOldNewExplorerを起動しましょう。

OldNewExplorerが起動したら、項目内にあるすべてのチェックボックスにチェックを入れて、「終了」ボタンをクリックしましょう。

これ以降、フォルダを開くと(すでに開いているフォルダは一旦終了後)、windows10のフォルダがwindows7風になっています。

まとめ

windows7からwindows10に移行すると慣れない部分が多いですよね。

フォルダの表示形式はその1つです。

そのため、この記事にあるwindows10のフォルダをwindows7風にする方法で、快適にパソコンが使えるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする