クリスマスプレゼントを子供に渡すのが間に合わない場合の対処方法はこれ!

12月にはクリスマスがあります。

子供たちにとってサンタさんから「クリスマスプレゼント」を受け取る重大なイベントですよね。

そんなクリスマスプレゼントですが、子供にプレゼントを渡すことが間に合わないことがあります。

子供がなかなか欲しいプレゼントを決めてくれなかったり、親御さんが仕事で忙しいなど理由は様々です。

子供の夢を壊さないように、クリスマスプレゼントを渡すのが間に合わないことへの対処方法を知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、クリスマスプレゼントを子供に渡すのが間に合わない場合の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

クリスマスプレゼントを子供に渡すのが間に合わない場合の対処方法はこれ!

1・サンタさんからの手紙を書く
クリスマスプレゼントを配っているのがサンタクロースだと子供が信じている場合に有効な方法があります。

クリスマスプレゼントが遅れる旨を、サンタさんからのメッセージとして手紙にするやり方です。

この方法なら、クリスマスプレゼントが遅れることを子供が納得しやすいですし、大した手間ではないため親御さんも楽が出来ます。

ちなみに、「サンタさんは何故日本語が書けるの?」といった鋭い質問をする子供もいらっしゃるかと思います。

その場合は、

1・サンタさんは世界中の子供たちにプレゼントを配っているから日本語の読み書きが出来る

2・クリスマスプレゼントをお願いする時は日本語なので、当然サンタさんは日本語を理解できる

以上のような説明を子供にしてあげると良いでしょう。

また、あえて英語など日本語以外で手紙の文章を書いて、それをお母さんが子供の前で翻訳してあげるという方法も面白いかと思います。

その場合は、日本語で文章を考えた後、Google翻訳で別言語に変換するのが一番簡単でしょう。


2・子供にサンタさんへのリクエストを書いてもらう
クリスマスプレゼントを子供に渡すのが間に合わない理由の1つに「子供がプレゼントをなかなか決めてくれない」ということが挙げられます。

スポンサーリンク

子供がクリスマスプレゼントをクリスマス直前で決めてしまったりすると、さすがにプレゼントの用意が間に合わないですからね。

そのため、あらかじめ余裕があるタイミングで、子供にサンタさんへのリクエストを書いてもらうというわけです。

こうしておけば、子供の思いとは違うプレゼントを渡すこともなくなりますし、お母さん側への負担を大きく減らすことが出来ます。

また、子供と一緒にサンタさんへのプレゼントのリクエストを考えるのも楽しいかと思います。


3・インターネットを利用する
Amazonを筆頭に、インターネットを利用した商品の購入が出来るサイトは数多くあります。

サイトによって品揃えや配達時間が違うことが珍しくないため、「通販サイトAでは間に合わなくても、通販サイトBならギリギリ大丈夫!」といったことが起こり得ます。

そのため、店頭販売も含めて、子供に渡すクリスマスプレゼントをどう購入するのかを計画しておくと、クリスマスプレゼントが間に合わなくなる悲劇を回避しやすくなります。

また、子供が欲しい商品が、非常に人気が高い商品ですぐに完売してしまう場合でも、通販サイトではまだ取り扱っている可能性もありますしね。


4・どうしてもクリスマスプレゼントが手に入らない場合
時間的な余裕はあるけれど、品薄などの事情により子供に渡すクリスマスプレゼントが手に入らないことがあるかと思います。

そういった場合は「手袋やマフラーなどの防寒具」・「図書カード」などのように、季節によって活用できるものや汎用性の高いものをプレゼントにすると良いでしょう。

例えば、図書カードなら子供と一緒に欲しい本を買いに行くことでフォローすることも出来ます。

ただ、サンタさんから欲しいプレゼントを貰えなかったことには変わりませんので、子供の心のケアを忘れないようにしてください。

まとめ

クリスマスプレゼントは子供にとって重要なイベントです。

そんなイベントを上手に乗り切るために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする