クリスマスプレゼントの渡し方で子どもが喜ぶ方法 サンタと親、予算などを紹介

クリスマスと言えば、サンタクロースですね。

小さなお子さんがサンタさんからのプレゼントを楽しみにして目を輝かせる様は、とても可愛らしいものです。

特に、3~7歳くらいのお子さんならサンタさんを心底信じている子が多いと思います。

そんなお子さんと一緒に、お母さんもクリスマスを楽しみたいですね。

しかし、プレゼントを用意するにあたり、

「どういった渡し方が喜ばれるのだろうか?」
「サンタさんと親のプレゼントは別々に用意するのか?」
「プレゼントの予算はどの程度を考えるべきか?」

などといった悩みがあると思います。

可愛らしいお子さんに喜ばれる形でクリスマスプレゼントを渡したいですね。

そこで今回の記事では、

  • 子どもが喜ぶプレゼントの渡し方について
  • プレゼントは、サンタさんと親で別々に用意するべきか
  • プレゼントの予算について

これらのことについて書いてみました。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

クリスマスプレゼントの渡し方で子どもが喜ぶ方法とは?

子どもが喜ぶプレゼントの渡し方といえば、やはりサプライズとして渡すことでしょう。

お子さんがお風呂に入っている間にこっそりと部屋に用意しておく、寝ている間に枕元に置いておくなどは、子どもの頃に体験したことがある方もいらっしゃると思います。

また、クリスマスツリーを飾る習慣があるご家庭なら、ツリーの下にプレゼントを置いておくということも出来ますし、定番である靴下の中というのも素晴らしいと思います。

もちろん、ご家族の方からプレゼントを手渡しするのも十分に喜んでもらえることでしょう。

ちなみに、プレゼントを渡す日時ですが、これは24日の夜から25日の夜までに渡すと良いと思います。

何らかの事情により、当日プレゼントをお子さんに渡すことが難しいなら、24日よりも早く渡すようにしましょう。

プレゼントが遅れるとお子さんが悲しむでしょうし、「サンタさんがうっかり早く来たんだね」と誤魔化すことも出来るかと思います。


注意点としては、お子さんにとってプレゼントは大切なモノですが、一番大切なものは愛するご家族と一緒にクリスマスを楽しみ、その幸せを共有することです。

スポンサーリンク

サプライズをするにせよ、手渡しするにせよ、ここを絶対に忘れないように気をつけてください。

クリスマスプレゼントをサンタさんと親の両方で用意するべきなのか?

お子さんに渡すプレゼントですが、ご両親からのプレゼントとサンタさんからプレゼントを別々に用意する必要があるのか? と、考える方もいらっしゃると思います。

「サンタさんの正体は家族」ということをすでに知っているお子さんならともかく、純粋にサンタさんを信じているお子さんの夢を壊したくはありませんよね。

ここで、プレゼントを1つにするか2つにするか悩むかと思いますが、これは各ご家庭でまったく違い、1つしか渡さないご家庭もあれば、2つ渡すご家庭もあります。

しかし、プレゼントを1つしか渡さないとしても、それだけでクリスマスが楽しくなくなることはありません。

例えば、私は親からのプレゼントとサンタさんからのプレゼントをまとめた形で、1つだけ渡されていましたが、家族と一緒にクリスマスを楽しむことが出来たので十分幸せでした。

先の項目ですでに書いていますが、一番大切なものは愛するご家族と一緒にクリスマスを楽しみ、その幸せを共有することです。

プレゼントの数が幸せの数ではありません。

子どもへのクリスマスプレゼントの予算は?

お子さんへ渡すクリスマスプレゼントの予算ですが、これは1,000円~3,000円と5,000円~6,000円がもっとも多いです。

前者は、幼稚園~小学校低学年の本当に小さなお子さんのためのプレゼントの予算であることが多いです。

後者は、小学校高学年の予算になります。

また、5,000円~6,000円の予算は、お子さんが成長しても基本的に増額されない傾向にあるようで、中学生もこの金額帯が一番多いみたいですね。

まとめ

クリスマスプレゼントにお子さんが欲しがる品の中には、人気が高いなどの理由で入手が困難なものもあります。

プレゼントが用意できない、などということがないようにしっかりと準備をしておきましょう。

それでは、お子さんと楽しいクリスマスを!

スポンサーリンク